宿敵〈下巻〉(P+D BOOKS) [単行本]
    • 宿敵〈下巻〉(P+D BOOKS) [単行本]

    • ¥60519ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年8月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002422213

宿敵〈下巻〉(P+D BOOKS) [単行本]

価格:¥605(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年8月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2015/09/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

宿敵〈下巻〉(P+D BOOKS) [単行本] の 商品概要

  • 内容紹介

    無益な戦、秀吉に面従腹背で臨む行長

    秀吉の臣下、武人・加藤清正と商人・小西行長は、好対照をなす武将だった。
    大陸侵攻の戦は、すべてが徒労だった。恨みと不満は朝鮮を焦土と化して、飢えと寒さが民と兵を襲った。この無益な戦を止めるため、清正に先を越されないよう、行長は才の限りを尽くして、清正を翻弄する、同時に面従腹背で臨んでいた秀吉の死を待っていた……。
    そして、ついに秀吉は死んだ。戦いは終わったのだ。が、一人の野望家が消えれば、新しい野心家が現れ、また新たな戦いが繰り広げられていく。
    小西行長と加藤清正の宿命の体験は、まだ終わっていなかった……。


    図書館選書
    大陸侵攻はすべてが徒労だった。何としても戦を止めさせたい行長は、才の限りを尽くし清正を翻弄する。やがて秀吉が死に、戦は終るが、行長と清正の宿命の対決は、まだ終わっていなかった……。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    遠藤 周作(エンドウ シュウサク)
    1923年(大正12年)3月27日‐1996年(平成8年)9月29日、享年73。東京都出身。1955年「白い人」で第33回芥川賞を受賞。キリスト教を主題にした作品を多く執筆

宿敵〈下巻〉(P+D BOOKS) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:遠藤 周作(著)
発行年月日:2015/09/13
ISBN-10:409352226X
ISBN-13:9784093522267
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:285ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 宿敵〈下巻〉(P+D BOOKS) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!