経営事例の質的比較分析―スモールデータで因果を探る [単行本]
    • 経営事例の質的比較分析―スモールデータで因果を探る [単行本]

    • ¥2,97090ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002422244

経営事例の質的比較分析―スモールデータで因果を探る [単行本]

価格:¥2,970(税込)
ポイント:90ポイント(3%還元)(¥90相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:白桃書房
販売開始日: 2015/09/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

経営事例の質的比較分析―スモールデータで因果を探る の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 事例研究の転換―実例から理論事例へ
    第2章 事例を理論概念でどう捉えるか
    第3章 因果関係をどう捉えるか
    第4章 因果関係をデータからどう推論するか
    第5章 データは推論をどう支持しているか
    第6章 真理表の解は何を意味するのか
    第7章 リサーチ・プロセスへQCAをどう組み込むか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田村 正紀(タムラ マサノリ)
    北海学園特任教授、神戸大学名誉教授、商学博士。専攻はマーケティング・流通システム。『日本型流通システム』千倉書房、1986年(日経・経済図書文化賞受賞)
  • 内容紹介

     経営学においても、自然科学と同様、因果関係を把握することを目指している。しかし、必要十分なデータが取れないことが多いため、少ない事例に基にした定性分析を用いることが多く、活用に制約がある。
     しかし、十数年前に質的比較分析(Qualitative Comparative Analysis:QCA)が開発され、欧米ではすでに社会科学の研究にあたり広く活用されるようになっている。
     QCAでは、少数の事例からでも因果関係の把握が可能で、分析手続きも一定に定まっており、原因条件や結果がファジーであっても活用できるため、特に経営分野では、その有効性は高い。

     本書は、高い評価を受け、ロングセラーとなっている『リサーチ・デザイン』の著者が、QCAの基本的原理や分析手順、さらにそれをリサーチ・プロセスにどのように組み込むのかをまとめている。
     著者は経営学者で、その事例を多く用いて説明しているが、他分野の研究者・学生にも理解しやすいものを選んでおり、また、用いられる数学もほとんど高校初年度で習う水準なので、事前知識なしで理解できる。 日本では、まだまだQCAの解説書が少ないことから、経営学のみならず、広く社会科学の研究に資する基本書となるだろう。

経営事例の質的比較分析―スモールデータで因果を探る の商品スペック

商品仕様
出版社名:白桃書房
著者名:田村 正紀(著)
発行年月日:2015/09/16
ISBN-10:456126664X
ISBN-13:9784561266648
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:220ページ
縦:21cm
他の白桃書房の書籍を探す

    白桃書房 経営事例の質的比較分析―スモールデータで因果を探る [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!