うちの息子ってヘンですか?―男子育児のしんどさが解消される本 [単行本]
    • うちの息子ってヘンですか?―男子育児のしんどさが解消される本 [単行本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
うちの息子ってヘンですか?―男子育児のしんどさが解消される本 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002424301

うちの息子ってヘンですか?―男子育児のしんどさが解消される本 [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:SBクリエイティブ
販売開始日: 2015/09/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

うちの息子ってヘンですか?―男子育児のしんどさが解消される本 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    わけわからん行動は、しつけのせいではありません!アホで無邪気で、とびきりかわいい男児の取扱入門。
  • 目次

    はじめに――男の子のプロとは

    第1章 男の子ならではの「心が動く」ツボとは
    ・驚かれ、泣かれ、人気者に? 保育士時代
    ・男女平等とはいうものの、男の子ならではの特性とは
    ・統計上、男の子のほうがケガが多い

    第2章 お母さんにとって息子は、地球上でもっとも遠い存在
    ・男の子の習性・生態を知って、育児の空回りを防ぐ
    1.ママが好き
    2.声大きい
    3.がさつ
    4.戦う
    5.さみしがり
    6.プライドが高い
    7.オタク
    8.残念
    9.ドリーマー
    10.下品
    11.ワケわからん
    12.芸人
    13.純粋
    14.アホ
    15.調子乗る

    第3章 パパにうまいこと育児を楽しませるコツ
    ・ママからパパへそれとなく育児を委任させる方法
    ・家庭の中は、ママがリードしたほうがうまくいく

    ・息子育てもパパ育てもベースはいっしょ
    ・パパも「認められたい」願望が強い
    ・ママのルールをパパにも子どもにも押し付けない
    ・「よく見る」ことでほめどころはいくらでも見つかる
    ・パパと息子のお出かけが、ふたりを成長させる

    ・「母性」が子どもの自信、「父性」が社会性を育てる
    ・多様なかかわりが子どもにバランス感をつくる

    第4章 男の子のしつけに悩んだときの対応法
    ・朝の絵本はおすすめ
    ・男の子にウケる絵本紹介
    (ダジャレ、鬼、おばけ、怪獣、冒険もの、おなら、おしっこ、うんちもの……etc.)
    ・おしっこプロジェクト(トイレトレーニング)
    ・子どもの噛みつきはなぜ起こる?
    ・寝かしつけ方の3パターン
    ・生活リズムのルーティン化
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小崎 恭弘(コザキ ヤスヒロ)
    大阪教育大学教育学部准教授。元保育士。1968年兵庫県生まれ。兵庫県西宮市公立保育所初の男性保育士として12年間、園児たちの保育に携わる。NHK Eテレ『すくすく子育て』ほか、テレビや新聞、雑誌などでも活躍中。年間60回ほどの講演では、笑いあふれる漫談ふう育児指南を披露し、大人気を博す。NPO法人ファザーリング・ジャパン顧問
  • 出版社からのコメント

    「大好き」でも「わからない」息子の胸の内
  • 内容紹介

    12年の保育士経験、男子3人の父親である著者が披露するエピソードは、笑ってしまうほど当てはまることばかり!?
    「わが息子の個性」と思っていた部分は、ほとんどが「男の子」の習性だと気づくはず。

    「どうしてそう捉えた?」と笑える話から、ちょっと涙腺が緩んでしまうかわいいエピソードまで……。本書を読めば、笑えて、心がほっこりして、今日からまた元気に息子に向き合いたくなるはず!

    当然ですが、お母さんたちは「女の子」を生きてきて、息子たちは「男の子」を生きています。
    おまけに、「大人と子ども」という違いもあります。
    「そんなの当たり前でしょ」と頭ではわかっていても、では、どう違うのかを理解するのは、意外に難しいもの。

    この本では、「男の子とはこういうもの」というパターン分析を施し、男の子が何に心を動かされるのかを解き明かしていきます。
    息子の心の内を、ある程度予測することができれば、育児の空回りが防げます。

    【本書の特徴】
    1.役立つ ……元保育士、3男の父でもある「男子のプロ」が徹底解説
    2.笑える ……アホで愛おしい男の子たちの「あるある」エピソード
    3.心がほっこり……かわいいエピソードに癒される/「大好き」と「わからない」という葛藤から一歩抜けて、前向きな気持ちに
  • 著者について

    小崎 恭弘 (コサキ ヤスヒロ)
    大阪教育大学教育学部 准教授。元保育士。1968年兵庫県生まれ。兵庫県西宮市公立保育所初の男性保育士として12年間、園児たちの保育に携わる。その間には、3人の息子の父親として育児休暇を3回取得。 自身も3兄弟の長男であり、高校生の頃から野外活動の「キャンプのお兄さん」として、幼児や小学生男子ともどっぷりかかわってきた「男の子のプロ」。NHK Eテレ『すくすく子育て』ほか、テレビや新聞、雑誌などでも活躍中。年間60回ほどの講演では、笑いあふれる漫談ふう育児指南を披露し、大人気を博す。NPO法人ファザーリング・ジャパン顧問。著作に、『男の子の本当に響く叱り方ほめ方』『思春期男子の育て方』(以上、すばる舎)、『わが家の子育てパパしだい!―10歳までのかかわり方』(旬報社)など。

うちの息子ってヘンですか?―男子育児のしんどさが解消される本 の商品スペック

商品仕様
出版社名:SBクリエイティブ
著者名:小崎 恭弘(著)
発行年月日:2015/09/22
ISBN-10:4797384611
ISBN-13:9784797384611
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:教育
言語:日本語
ページ数:191ページ
縦:19cm
他のSBクリエイティブの書籍を探す

    SBクリエイティブ うちの息子ってヘンですか?―男子育児のしんどさが解消される本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!