動くものはすべて殺せ-アメリカ兵はベトナムで何をしたか [単行本]
    • 動くものはすべて殺せ-アメリカ兵はベトナムで何をしたか [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002430660

動くものはすべて殺せ-アメリカ兵はベトナムで何をしたか [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2015/10/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

動くものはすべて殺せ-アメリカ兵はベトナムで何をしたか の 商品概要

  • 目次

    序 作戦であって逸脱ではない
    第一章 チェウアイ村虐殺事件
    第二章 苦難を生むシステム
    第三章 過剰殺戮
    第四章 くり返された蛮行
    第五章 終わりのない苦悩
    第六章 バマー、“グーク・ハンター”、デルタのばらし屋
    第七章 戦争犯罪はどこへ行った?
    エピローグ さまよえる亡霊たち

    謝辞
    訳者あとがき

    索引
  • 出版社からのコメント

    ベトナム戦争終結から40年。米軍による民間人殺戮の詳細が初めて描かれる。アメリカの戦争とはいかなるものか。ライデナワー報道賞
  • 内容紹介

    ベトナム戦争で民間人になされた、アメリカの戦争犯罪の驚くべき実態。アメリカ人はこれまで、ミライ(ソンミ村)虐殺のような残虐な事件は逸脱であり、ごく例外的な出来事だったと教えられてきた。しかし現実には、あの戦争を通じてベトナムの非戦闘員に加えられた暴力はけっして例外的なものではなく、むしろ、“動く者はすべて殺せ”という命令の下に遂行された、広汎かつ組織的な作戦だった。
    国立公文書館資料の粘り強い調査や、事件にかかわった帰還兵や内部告発者、さらにベトナムの生き残り当事者へのインタビューによって、アメリカ軍と政府の政策がどれだけ多くのベトナムの無辜の住民を殺し傷つけたかを、初めて明らかにした。ショッキングな戦闘の詳細を通じて、アメリカ軍のほぼすべての部隊が、恐るべき戦争機械として避けがたく作動していたことがわかる。

    本書が2013年にアメリカで刊行されるや、「パラダイムシフトを迫る画期的な戦争史」「ベトナム戦争について書かれた最も重要な本」等々と各紙誌で絶賛され、優れた調査報道に贈られるライデナワー賞を受賞した。戦後70年の節目に安保関連法案が可決されようとしている日本においても、戦争によって実際に何が起こるのか、きわめて示唆に富む一冊である。

動くものはすべて殺せ-アメリカ兵はベトナムで何をしたか の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ニック タース(著)/布施 由紀子(訳)
発行年月日:2015/10
ISBN-10:4622079178
ISBN-13:9784622079170
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:409ページ ※331,78P
縦:20cm
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 動くものはすべて殺せ-アメリカ兵はベトナムで何をしたか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!