劇団 ドキドキわくわく―障がいのある若者たちの発達と演劇活動 [単行本]

販売休止中です

    • 劇団 ドキドキわくわく―障がいのある若者たちの発達と演劇活動 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
100000009002434839

劇団 ドキドキわくわく―障がいのある若者たちの発達と演劇活動 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
日本全国配達料金無料
出版社:群青社
販売開始日:2015/09/10
ご確認事項:返品不可

劇団 ドキドキわくわく―障がいのある若者たちの発達と演劇活動 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 若者は愛を求めている―“劇団・ドキドキわくわく”の10年(劇団の誕生
    劇団の歩み ほか)
    2 ハッピーエンドがみんなのねがい―シナリオつくりの立場から(劇団との出会い
    シナリオつくりの黒衣 ほか)
    3 “こんな自分も大好き”を支えたい―ヘアメイクアップアーティストの立場から(劇団の仲間たちとの出会い
    まずは関係つくりから―劇団のヘアメイク担当者 ほか)
    4 演じて育つ―演劇活動が育む友情と若者たちの“自己”の育ち(青年期における友人関係
    友人関係の育ちと男女差 ほか)
    資料 演劇シナリオ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    土岐 邦彦(トキ クニヒコ)
    岐阜大学地域科学部教授。全国障害者問題研究会第49回全国大会(2015年岐阜)の準備委員長を務める。「劇団ドキドキわくわく」の自称「応援団長」として劇団創立期からかかわる

    渡辺 武子(ワタナベ タケコ)
    岐阜市内の中学校で保健体育を教え、その後障害児学級・知的障がい養護学校に勤務。「“人間と性”教育研究協議会(性教協)障がい児サークル」に所属。退職後、「劇団ドキドキわくわく」を組織し、10年間で26回の公演を行う

    大橋 昌昭(オオハシ マサアキ)
    産業機械の修理販売会社に勤務するかたわら、劇団の脚本つくりにかかわって5年。現在は演出助手も兼ねている

    河村 あゆみ(カワムラ アユミ)
    高校卒業後美容師をめざして東京で学び働く。故郷の岐阜に帰省し劇団のヘアメイク担当として3年。通信制大学で福祉を学び、現在は岐阜大学地域科学部の大学院に籍を置き、「障がいのある若者たちのオシャレや化粧についての意識」について研究中

劇団 ドキドキわくわく―障がいのある若者たちの発達と演劇活動 の商品スペック

商品仕様
出版社名:群青社
著者名:土岐 邦彦(編著)/渡辺 武子(著)/大橋 昌昭(著)/河村 あゆみ(著)
発行年月日:2015/07/25
ISBN-10:4434209213
ISBN-13:9784434209215
判型:B5
発売社名:星雲社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:教育
ページ数:99ページ
縦:24cm
横:19cm

    群青社 劇団 ドキドキわくわく―障がいのある若者たちの発達と演劇活動 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!