湿地帯中毒―身近な魚の自然史研究(フィールドの生物学) [全集叢書]
    • 湿地帯中毒―身近な魚の自然史研究(フィールドの生物学) [全集叢書]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002437326

湿地帯中毒―身近な魚の自然史研究(フィールドの生物学) [全集叢書]

  • 5.0
価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東海大学出版会
販売開始日: 2015/10/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

湿地帯中毒―身近な魚の自然史研究(フィールドの生物学) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    魚採りと虫採りに明け暮れたら研究者になった。普通種カマツカの秘密能力とは?スジシマドジョウ分類の秘策とは?
  • 目次

    はじめに
    第1章 研究のはじまり
      はじまりはカマツカ
      迷走修士課程
    第2章 カマツカの自然史
      普通種という視点で
      初期生態の解明
      生活史の本丸
      カマツカはなぜ普通種なのか?
    第3章 ドゼウ狂
      スジシマドジョウの夜明け
      ドジョウ新時代
    第4章 湿地帯に沈むまで
      自然史の自習時間
      昆虫採集との出会い
      博士号取得後の展開
      いつまでも湿地帯で
    あとがき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中島 淳(ナカジマ ジュン)
    1977年生まれ。九州大学大学院生物資源環境科学府博士後期課程修了。博士(農学)。九州大学農学研究院学術研究員、日本学術振興会特別研究員PD(九州大学工学研究院)を経て、2010年より福岡県保健環境研究所研究職員。2015年日本魚類学会奨励賞受賞
  • 出版社からのコメント

    幼い頃から身近な湿地帯とそこに棲む生物を愛した研究者が編む湿地帯研究の極意とカマツカ,ドジョウなど湿地帯生物の自然史。
  • 内容紹介

    幼い頃から身近な湿地帯とそこに棲む生物を愛した研究者が編む湿地帯研究の極意とカマツカ,ドジョウなど湿地帯生物の自然史。
  • 著者について

    中島 淳 (ナカジマ ジュン)
    中島 淳
    1977年生まれ。福岡県保健環境研究所環境生物課研究員。

湿地帯中毒―身近な魚の自然史研究(フィールドの生物学) の商品スペック

商品仕様
出版社名:東海大学出版部 ※出版地:秦野
著者名:中島 淳(著)
発行年月日:2015/10/20
ISBN-10:4486019997
ISBN-13:9784486019992
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:258ページ
縦:19cm
他の東海大学出版会の書籍を探す

    東海大学出版会 湿地帯中毒―身近な魚の自然史研究(フィールドの生物学) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!