人権宣言論争―イェリネック対ブトミー [単行本]

販売休止中です

    • 人権宣言論争―イェリネック対ブトミー [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
100000009002440397

人権宣言論争―イェリネック対ブトミー [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
日本全国配達料金無料
出版社:みすず書房
販売開始日:1995/06/20
ご確認事項:返品不可

人権宣言論争―イェリネック対ブトミー [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人権宣言の起源は何か。宗教改革、アメリカ革命、フランス革命を背景に、人権理念を現実の法律に転化する歴史の中の力を探る。カッシーラー論文を付す。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    人権宣言論(一七八九年八月二六日のフランスの『権利宣言』とその意義
    ルソーの『社会契約論』はこの『宣言』の淵源ではないということ
    『宣言』の模範は北アメリカ諸州の『権利章典』にあるということ
    ヴァージニアおよびその他の北アメリカ諸州の『宣言』
    フランスの『宣言』とアメリカの『宣言』との比較
    アメリカの『権利宣言』とイギリスの『権利宣言』の対照性
    普遍的な人権を法律によって確定せんとする観念の淵源はアメリカのイギリス人植民地における信教の自由であるということ
    自然法論だけでは人および市民の権利の体系は産み出されなかったということ
    人および市民の権利の体系はアメリカ革命中につくり出されたのだということ
    人権とゲルマン的法観念)
    人権宣言とイェリネック氏(エミール・ブトミー)
    人権宣言論再論―ブトミー氏への回答(ゲオルク・イェリネック)

人権宣言論争―イェリネック対ブトミー [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:初宿 正典(編訳)
発行年月日:1995/06/20
ISBN-10:4622036525
ISBN-13:9784622036524
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
ページ数:294ページ ※288,6P
縦:20cm

    みすず書房 人権宣言論争―イェリネック対ブトミー [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!