吃音のことがよくわかる本(健康ライブラリー イラスト版) [全集叢書]
    • 吃音のことがよくわかる本(健康ライブラリー イラスト版) [全集叢書]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002443175

吃音のことがよくわかる本(健康ライブラリー イラスト版) [全集叢書]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2015/11/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

吃音のことがよくわかる本(健康ライブラリー イラスト版) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    どうしよう!子どもの気がかりな話し方。「ゆっくり話そう」「落ち着いて」は逆効果。原因、現れ方、家庭・学校での対応を徹底解説。正しい知識で吃音の悩みを減らす決定版!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 どうしよう!子どもの気がかりな話し方(ストーリー1 子どもが急にどもり始めた。これって、私のせいなの?;吃音のタイプ―「くり返し」「引き伸ばし」「出にくさ」の三つがある ほか)
    2 これからどうなる?子どもの吃音(ストーリー2―自然に治る子も多いというけれど…。うちの子は違った;増やす要因―「いやな思い」の積み重ねが吃音を増やす ほか)
    3 聞き手の変化が吃音の悩みを減らす(ストーリー3 もう、子どもの「話し方」ばかり気にするのはやめた!!;話す意欲を育てる―「話したい気持ち」を奪わないことが大切 ほか)
    4 リスクを踏まえて子どもを守る(ストーリー4―この頃、また吃音が増えている。学校でなにかあった?;吃音のリスク―からかい、いじめの標的になることがある ほか)
    5 吃音のある子自身ができること(ストーリー5―本人が「吃音を治したい」と言い出した;治らなかったら?―うまくつきあっていこう。隠す努力はほどほどに ほか)
  • 出版社からのコメント

    子どもの気がかりな話し方。何ができるのか、どうすればよいのか。不安と悩みを解消する正しい知識と子どもを守る対策をイラスト図解
  • 内容紹介

    2~4歳の子どもの約5%に発症するという吃音。言葉の頭の音のくり返し、引き伸ばしのほか、言葉につまるのも吃音の症状です。吃音に関する最新の知識は、かつての常識とは大きく変わっています。正しい知識を知ることで不安や悩みは解消されます。本書では原因、現れ方、家庭・学校での対応を徹底解説。吃音に悩まされていたことから医師となった吃音ドクターとして知られる菊池良和先生のアドバイスが満載の書です。


    ひと目でわかるイラスト図解
    《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

    【「ゆっくり話そう」「落ち着いて」は逆効果。 正しい知識で吃音の悩みを減らす決定版!】

    2~4歳の子どもの約5%に発症するという吃音。言葉の頭の音のくり返し、引き伸ばしのほか、言葉につまるのも吃音の症状です。幼い頃に吃音があっても、4人に3人は学校に上がる頃には自然に回復するといわれていますが、逆に言えば、4人に1人は話し方のクセとつきあって生きていくことになります。
    子どもの気がかりな話し方に親は思い悩みます。なにができるのか、どうすればよいのか…。
    悩みの根底には「吃音に対する知識のなさ」があります。吃音に関する最新の知識は、かつての常識とは大きく変わっています。吃音について正しく学び、親の悩みを軽くすることは、子どもにとって最善の環境調整になるのです。

    【主なポイント】
    *吃音は言語障害の一種で、発達障害者支援法の対象とされている
    *「くり返し」「引き伸ばし」「出にくさ」の3つのタイプがある
    *発症の原因、7割は体質。育て方のせいじゃない
    *吃音が起きる割合は2~4歳の20人に1人。治る子も多い
    *成長とともに吃音の現れ方は変わっていく
    *3年以上続く吃音は簡単にはなくならない
    *話す前の不安とあとの落ち込みで悪循環に
    *「どもってもいい!」という思いが重要
    *いやなことを言われた・されたときの対策は
    *「担任の先生」「身近な人、友だち」への説明書例付き

    【本書の内容構成】
    第1章  どうしよう! 子どもの気がかりな話し方
    第2章  これからどうなる? 子どもの吃音
    第3章  聞き手の変化が吃音の悩みを減らす
    第4章 リスクを踏まえて子どもを守る
    第5章  吃音のある子自身ができること
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    菊池 良和(キクチ ヨシカズ)
    1978年山口県生まれ。自身、吃音に悩まされていたことから医師になることを決意。九州大学医学部卒業後、宗像水光会病院研修医を経て、九州大学医学部耳鼻咽喉科入局。同大学大学院臨床神経生理学教室で吃音者の脳研究を開始。現在は九州大学病院勤務。一般診療のほか吃音者の診療にもあたり、また講演活動など、吃音の啓発に取り組んでいる
  • 著者について

    菊池 良和 (キクチ ヨシカズ)
    1978年山口県生まれ。自身、吃音に悩まされていたことから医師になることを決意。九州大学医学部卒業後、宗像水光会病院研修医を経て、九州大学医学部耳鼻咽喉科入局。同大学大学院臨床神経生理学教室で吃音者の脳研究を開始。現在は九州大学病院勤務。一般診療のほか吃音者の診療にもあたり、また講演活動など、吃音の啓発に取り組んでいる。主な著書に『ボクは吃音ドクターです。』(毎日新聞社)、『エビデンスに基づいた吃音支援入門』『備えあれば憂いなし 吃音のリスクマネジメント』『小児吃音臨床のエッセンス 初回面接のテクニック』(以上、学苑社)がある。

吃音のことがよくわかる本(健康ライブラリー イラスト版) の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:菊池 良和(監修)
発行年月日:2015/11/17
ISBN-10:4062597985
ISBN-13:9784062597982
判型:B5
対象:実用
発行形態:全集叢書
内容:医学・薬学・歯学
言語:日本語
ページ数:98ページ
縦:21cm
横:19cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 吃音のことがよくわかる本(健康ライブラリー イラスト版) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!