他人を非難してばかりいる人たち―バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)(幻冬舎新書) [新書]
    • 他人を非難してばかりいる人たち―バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥85826ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月3日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002443255

他人を非難してばかりいる人たち―バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥858(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月3日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2015/09/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

他人を非難してばかりいる人たち―バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)(幻冬舎新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    マスコミやネット住民はバッシングが大好物。失言やトラブルによって「悪人」となった対象を見つけては非難するが、最近ここに一般の人も追随し、まるで国民総出のいじめの様相に。このとき、非難する側は必ず「正義」を振りかざすが、実は他人を傷つけて楽しむ心理も混在する。もともと、似た価値観を共有する日本人は、差異に対して敏感で嫉妬を抱きやすく、異物を排除する傾向が強い。さらに、適度に豊かな現代には空虚さが蔓延し、若者は悲観的で自信がない。現代人の心の歪みを、精神科医である著者が斬る!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 世界が小さくなり、ぼくらは過激になっている
    第2章 スキャンダルをショーとして楽しむ国民とマスコミの卑俗
    第3章 はたして、マスコミと一般大衆はすべてを裁ける「神」なのか?
    第4章 だれでも、突然「クレーマー」になる可能性を持つ
    第5章 日本的な「嫉妬」が引き起こすもの
    第6章 「規範」がないゆえに、他人に不寛容になる?―日本人の本質についての考察
    第7章 日本人は世界的に見て、「孤独で、悲観的で、自己評価が低い」
    第8章 長きにわたりバッシングの苦しみの中にある雅子妃殿下
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岩波 明(イワナミ アキラ)
    1959年、神奈川県生まれ。昭和大学医学部精神医学講座教授。85年、東京大学医学部卒。東大病院精神科、東京都立松沢病院、埼玉医大精神科などを経て2012年より現職。15年より、昭和大学附属烏山病院長を併任。精神疾患の認知機能、司法精神医療、発達障害の臨床研究などを主な研究分野とする

他人を非難してばかりいる人たち―バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)(幻冬舎新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:岩波 明(著)
発行年月日:2015/09/30
ISBN-10:4344983904
ISBN-13:9784344983908
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:195ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 他人を非難してばかりいる人たち―バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!