うらしま(現代版 絵本御伽草子) [単行本]

販売休止中です

    • うらしま(現代版 絵本御伽草子) [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
うらしま(現代版 絵本御伽草子) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002443394

うらしま(現代版 絵本御伽草子) [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
日本全国配達料金無料
出版社:講談社
販売開始日:2015/11/12
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 70208位

うらしま(現代版 絵本御伽草子) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    海に出たまま帰らない兄の行方を追って、不思議な甕のなかへと迷い込んだ「わたし」。謎の女に導かれ、たどり着いた竜宮城で待っていたのは―?魔物たちが誘う、妖しくも魅惑にみちた異界への旅。人気作家の自由な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学になった!美しい絵とともに贈る愛蔵版シリーズ。
  • 出版社からのコメント

    海で失踪した兄を追って、わたしは不思議な甕の底へと迷い込む。たどり着いた竜宮城で待っていたものは―?妖しくも美しい異界への旅
  • 内容紹介

    海で失踪した兄を追って、わたしは不思議な甕の底の世界へ迷い込む。朽ち果てた竜宮城で待っていたものは――?注目の詩人にして作家・日和聡子と人気画家・ヒグチユウコが描く、妖しくも美しい異界への誘い。人気作家の自由な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学になった!美しい絵と共に贈る愛蔵版「絵本 御伽草子」シリーズ最新刊。


    海で失踪した兄を追って、わたしは不思議な甕の底の世界へ迷い込む。たどり着いた竜宮城で待っていたものは――?注目の詩人にして作家・日和聡子と人気画家・ヒグチユウコが描きだす、妖しくも魅惑にみちた異界への誘い。
    人気作家の自由な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学になった!美しい絵と共に贈る愛蔵版「絵本 御伽草子」シリーズ最新刊。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    日和 聡子(ヒワ サトコ)
    1974年島根県生まれ。詩人・作家。立教大学文学部日本文学科卒業。2002年『びるま』で中原中也賞、2012年に『螺法四千年記』で野間文芸新人賞を受賞

    ヒグチ ユウコ(ヒグチ ユウコ)
    画家。多摩美術大学油画科卒業。定期的に個展を開催しつつ、ファッションブランドや画材メーカーなどとコラボレーションするなど多方面で活躍。オリジナルブランド『GUSTAVE higuchi yuko』も展開
  • 著者について

    日和 聡子 (ヒワ サトコ)
    日和 聡子(ひわ・さとこ)詩人、作家。 1974年、島根県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。2002年、『びるま』(私家版、のち青土社)で第7回中原中也賞受賞。2012年『螺法四千年記』で第34回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『御命授天纏佐左目谷行』などがある。

    ヒグチ ユウコ
    ヒグチユウコ 画家。多摩美術大学卒。ホルベイン画材をはじめ、様々な企業、アパレルブランドとコラボレーション。現在はオリジナルブランドの『GUSTAVE higuchiyuko』を展開。著書に『ヒグチユウコ作品集』『ヒグチユウコ ポストカードブック』(グラフィック社)、『ふたりのねこ』(祥伝社)などがある。

うらしま(現代版 絵本御伽草子) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:日和 聡子(文)/ヒグチ ユウコ(絵)
発行年月日:2015/11/10
ISBN-10:4062198339
ISBN-13:9784062198332
判型:B5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:32ページ
縦:23cm
横:16cm

    講談社 うらしま(現代版 絵本御伽草子) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!