希望ヶ丘の人びと〈上〉(講談社文庫) [文庫]
    • 希望ヶ丘の人びと〈上〉(講談社文庫) [文庫]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002449315

希望ヶ丘の人びと〈上〉(講談社文庫) [文庫]

価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2015/11/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

希望ヶ丘の人びと〈上〉(講談社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    私は中学生の娘・美嘉と小学生の息子・亮太とともに、二年前に亡くなった妻のふるさと「希望ヶ丘」に戻ってきた。ここから再出発だ―そう思って開いた塾には生徒が集まらず、亮太は亡き母の思い出を探し続け、美嘉は学校になじめない。昔の妻を知る人びとが住むこのニュータウンに、希望はあるのだろうか?
  • 目次

    序 章 赤い夕陽がこの街染めて
    第一章 瑞雲先生、一喝す。
    第二章 尻に敷かれし、生徒会長
    第三章 エーちゃんの伝説
    第四章 港からやってきた少女
    第五章 瑞雲先生、憤慨す。
    第六章 帰ってきたエーちゃん
  • 出版社からのコメント

    ガンで亡くなった妻の故郷で再出発する父子三人。だが新しく始める塾には生徒が集まらず、娘は学校に馴染めないなど難問が続出する。
  • 内容紹介

    私は中学生の娘・美嘉と小学生の息子・亮太とともに、二年前に亡くなった妻のふるさと「希望ヶ丘」に戻ってきた。ここから再出発だ――そう思って開いた塾には生徒が集まらず、亮太は亡き母の思い出を探し続け、美嘉は学校になじめない。昔の妻を知る人びとが住むこのニュータウンに、希望はあるのだろうか?
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    重松 清(シゲマツ キヨシ)
    1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社勤務を経て、執筆活動に入る。’91年『ビフォア・ラン』でデビュー。’99年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、’10年『十字架』で吉川英治文学賞、’14年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞

希望ヶ丘の人びと〈上〉(講談社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:重松 清(著)
発行年月日:2015/11/13
ISBN-10:406293258X
ISBN-13:9784062932585
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:386ページ
縦:15cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 希望ヶ丘の人びと〈上〉(講談社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!