石牟礼道子(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集〈24〉) [全集叢書]

販売休止中です

    • 石牟礼道子(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集〈24〉) [全集叢書]

    • ¥3,410103ポイント(3%還元)
100000009002450504

石牟礼道子(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集〈24〉) [全集叢書]

  • 4.0
価格:¥3,410(税込)
ポイント:103ポイント(3%還元)(¥103相当)
日本全国配達料金無料
出版社:河出書房新社
販売開始日: 2015/10/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

石牟礼道子(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集〈24〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ふるさと水俣のかつての豊かな自然風景を背景に、幼少時の甘い記憶が叙情的に綴られる長篇「椿の海の記」。阿蘇山に近い村で、渡し守をする千松爺と暮らす少女・お葉が動物や山の精霊、風のささやきや草の声と戯れる「水はみどろの宮」。幕末から西南の役の頃の歴史の変革期における南九州の庶民の生の声が響く「西南役伝説」(抄)。代用教員時代に孤児をひきとった際の自伝的作品「タデ子の記」他、詩十篇、新作能「不知火」を収録。「池澤夏樹=個人編集世界文学全集」に唯一長篇を収録された日本人作家の珠玉の作品群。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    椿の海の記;水はみどろの宮;西南役伝説・抄;埴生の宿;烏瓜;川祭り;娼婦;風;水影;墓の中でうたう歌;糸繰りうた;便り;瓔珞;タデ子の記;新作能『不知火』
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    石牟礼 道子(イシムレ ミチコ)
    1927~。熊本県生まれ。水俣実務学校卒業後、代用教員、主婦を経て、詩人・谷川雁のサークル村に加わり、詩歌を中心に文学活動を開始。1969年、水俣病患者の魂の声を描いた『苦海浄土』三部作の第一部となる『苦海浄土わが水俣病』を発表し大きな反響を呼ぶ。73年、マグサイサイ賞受賞。93年『十六夜橋』で紫式部文学賞、2001年朝日賞、02年『はにかみの国 石牟礼道子全詩集』で芸術選奨・文部科学大臣賞、14年『祖さまの草の邑』で現代詩花椿賞を受賞
  • 出版社からのコメント

    『苦海浄土』で知られる、戦後日本文学における最重要作家。「椿の海の記」「水はみどろの宮」、エッセイ「タデ子の記」などを収録。
  • 著者について

    石牟礼 道子 (イシムレ ミチコ)
    1927年熊本県天草生まれ。生後すぐに水俣に移る。詩人、作家。著書に『苦海浄土(三部作)』『あやとりの記』『十六夜橋』『石牟礼道子全集・不知火(全17巻、別巻1)』、共著に『なみだふるはな』ほか。

石牟礼道子(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集〈24〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:河出書房新社
著者名:石牟礼 道子(著)
発行年月日:2015/10/30
ISBN-10:4309728944
ISBN-13:9784309728940
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:531ページ
縦:20cm
その他:椿の海の記,水はみどろの宮,西南役伝説 抄,埴生の宿,烏瓜,川祭り 他
他の河出書房新社の書籍を探す

    河出書房新社 石牟礼道子(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集〈24〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!