ごてやん―私を支えた母の教え [単行本]
    • ごてやん―私を支えた母の教え [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月13日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002455575

ごてやん―私を支えた母の教え [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月13日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2015/10/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ごてやん―私を支えた母の教え [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    甘えん坊の稲盛少年が見た、母・キミの「利他」と「闘魂」。母との絆を通して、今こそ必要な「心を育てる教育」の意味を問う、著者渾身のメッセージ!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 ぜんざいの湯気の向こうに、今も
    第1章 泣き虫がガキ大将に(内弁慶な次男坊
    ごてやんの「三時間泣き」 ほか)
    第2章 両親から受け継いだもの(バランスのとれた夫婦
    士族に木刀の心意気 ほか)
    第3章 「人として正しいこと」の基盤(判断基準のもの
    心のありようが現実を決める ほか)
    第4章 京都大和の家(心に傷を負った子どもたちのために
    職員の幸せに)
    第5章 子どもたちに伝えるべきこと(思いは実現する
    いかにして思いを実現するか)
    終章 お母さんは神様と同義語
  • 内容紹介

    稲盛和夫が自身の魂の原点を母の面影に探る

    京セラ、KDDIの創業、最近では破綻した日本航空の再生など、世界的にもその偉業で名を知られる稲盛和夫氏。
    7人きょうだいの次男として生まれた氏の「手がつけられない甘ったれで泣き虫」(ごてやん)だった幼少期から、強くたくましくそして優しかった母・キミとの絆を綴る。
    子どもたちに分け隔て無く愛情を注ぎながら、夫の仕事も手伝い、働きづめだった母。子どもに勉強を強いることも叱ることもなかったが、「人としての正義」だけには厳しかった。
    政治もビジネスもすべては人が原点。そして、人を育てるのはまず「母親」だ。日本の未来を考えるとき、母が持つ意味がどれだけ大きいかを再認識してほしいという稲盛氏が数々のエピソードと共に綴る、世の「母という存在」への賛歌。そして、子どもたちに世代を越えて伝えたい、人の世の真理。
    稲盛氏の魂に触れられる、力強く、情熱溢れる一冊である。


    図書館選書
    世界的ビジネスリーダー・稲盛和夫氏の「人として正しい生き方」の原点とは。「甘ったれで泣き虫」(ごてやん)だった幼少期から、氏が母・キミに繰り返し伝えられた教えを通して「心を育てる教育」の大切さを綴る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    稲盛 和夫(イナモリ カズオ)
    1932年、鹿児島市に生まれる。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年から名誉会長。また84年に第二電電(現KDDI)を設立し、会長に就任。01年に最高顧問。10年に日本航空会長に就任。代表取締役会長を経て、15年に名誉顧問。84年には私財を投じて稲盛財団を設立し、理事長に就任。同時に国際賞「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績があった方々を顕彰している

ごてやん―私を支えた母の教え [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:稲盛 和夫(著)
発行年月日:2015/11/01
ISBN-10:4093883998
ISBN-13:9784093883993
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:190ページ
縦:20cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 ごてやん―私を支えた母の教え [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!