毛沢東―日本軍と共謀した男(新潮新書) [新書]
    • 毛沢東―日本軍と共謀した男(新潮新書) [新書]

    • ¥92428ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月22日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002455631

毛沢東―日本軍と共謀した男(新潮新書) [新書]

  • 3.5
価格:¥924(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月22日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2015/11/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

毛沢東―日本軍と共謀した男(新潮新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「私は皇軍に感謝している」―。日中戦争の時期、実は毛沢東は蒋介石や国民党軍の情報を日本に売り、巨額の情報提供料をせしめていた。それどころか、中共と日本軍の停戦すら申し入れている。毛沢東の基本戦略は、日本との戦いは蒋介石国民党に任せ、温存した力をその後の「国民党潰し」に使い、自分が皇帝になることだったのだ。中国研究の第一人者が、徹底調査した資料で物語る「中国共産党の不都合な真実」。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    はじめに―中華民族を裏切ったのは誰なのか?
    第1章 屈辱感が生んだ帝王学
    第2章 「満州事変」で救われる
    第3章 日中戦争を利用せよ―西安事件と国共合作
    第4章 日本諜報機関「岩井公館」との共謀
    第5章 日本軍および汪兆銘政権との共謀
    第6章 日本軍との共謀と政敵・王明の手記
    第7章 我、皇軍に感謝す―元日本軍人を歓迎したわけ
    おわりに―毛沢東は何人の中国人民を殺したのか?
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    遠藤 誉(エンドウ ホマレ)
    1941(昭和16)年中国吉林省長春市(元満州国新京市)生まれ。国共内戦を決した「長春包囲戦」を経験し53年に帰国。東京福祉大学国際交流センター長、筑波大学名誉教授、理学博士
  • 出版社からのコメント

    「私は皇軍に感謝している」――。中国共産党が決して触れない「建国の父」の不都合な真実。
  • 内容紹介

    中国共産党に「歴史認識」を問う資格はあるか。「私は皇軍に感謝している」――。毛沢東の基本戦略は、日本と共謀して国民党を潰すことだった。中国共産党が決して触れない「建国の父」の不都合な真実。

毛沢東―日本軍と共謀した男(新潮新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:遠藤 誉(著)
発行年月日:2015/11/20
ISBN-10:4106106426
ISBN-13:9784106106422
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:285ページ
縦:18cm
横:11cm
厚さ:2cm
重量:204g
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 毛沢東―日本軍と共謀した男(新潮新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!