マクスウェル方程式から始める電磁気学 [単行本]
    • マクスウェル方程式から始める電磁気学 [単行本]

    • ¥2,97090ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002479064

マクスウェル方程式から始める電磁気学 [単行本]

小宮山 進(共著)竹川 敦(共著)
価格:¥2,970(税込)
ポイント:90ポイント(3%還元)(¥90相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日:2015/11/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 27122位

マクスウェル方程式から始める電磁気学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    電磁気学の全体像を見通し良く把握・理解できるように、各論的な話から始めるのではなく、最初の数章でマクスウェル方程式を微分形まで含めて完全な形で示し、その後で、電磁気学の様々な現象をマクスウェル方程式から導出した上で解説した。電磁気学を学ぶ上で、まさに理想的ともいえる構成の書である。
  • 目次

    1.電磁気学の法則
     1.1 電磁気学とは
     1.2 電磁気学に現れる量
     章末問題

    2.マクスウェル方程式(積分形)
     2.1 ベクトル場の流速と循環
     2.2 電磁気学の法則のすべて
     2.3 電磁気学の概観
     2.4 マクスウェル方程式から導かれるよく知られた法則
     章末問題

    3.ベクトル場とスカラー場の微分と積分
     3.1 スカラー場とベクトル場の微分
     3.2 ベクトル場の積分
     章末問題

    4.マクスウェル方程式(微分形)
     4.1 微分形のマクスウェル方程式
     4.2 重ね合わせの原理
     4.3 電荷の保存
     4.4 ベクトルの2階微分
     章末問題

    5.静電気
     5.1 時間変化がない場合の電磁気学
     5.2 クーロンの法則と重ね合わせ
     5.3 静電ポテンシャルとポアソン方程式
     5.4 ポアソン方程式の完全な解
     章末問題

    6.電場と静電ポテンシャルの具体例
     6.1 ガウスの法則から電場を導く
     6.2 静電ポテンシャルから電場を求める
     6.3 導体のある場合の電場
     章末問題

    7.静電エネルギー
     7.1 一般論
     7.2 いくつかの例
     7.3 静電場のエネルギー
     7.4 点電荷のエネルギー
     章末問題

    8.誘電体
     8.1 分極
     8.2 分極ベクトルと分極電荷
     8.3 誘電体のマクスウェル方程式
     8.4 異なる誘電体の境界
     8.5 誘電体のエネルギー
     章末問題

    9.静磁気
     9.1 マクスウェル方程式から導かれるよく知られた法則
     9.2 ベクトルポテンシャル
     9.3 ビオ‐サバールの法則
     9.4 磁気モーメント
     9.5 電流にはたらく磁気力
     章末問題

    10.磁性体
     10.1 常磁性体・反磁性体・強磁性体
     10.2 磁気モーメントと磁化電流密度
     10.3 磁化ベクトル M
     10.4 磁性体のマクスウェル方程式
     10.5 強磁性体の磁区と磁化曲線
     章末問題

    11.物質中の電磁気学
     11.1 分極電流
     11.2 物質中のマクスウェル方程式
     11.3 変位電流
     章末問題

    12.変動する電磁場
     12.1 電場の一般的表式
     12.2 電磁誘導
     12.3 インダクタンス
     12.4 磁気的エネルギー
     12.5 エネルギーの流れ
     章末問題

    13.電磁波
     13.1 波動方程式
     13.2 平面電磁波
     13.3 電磁気的エネルギー
     13.4 電磁波の発生
     13.5 遅延ポテンシャル
     章末問題
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小宮山 進(コミヤマ ススム)
    1947年東京都出身。東京大学教養学部基礎科学科卒。同大学院理学系研究科相関理化学専門課程修了。ハンブルグ大学応用物理学科助手、東京大学教養学部助教授、同教授、東京大学大学院総合文化研究科教授を経て、東京大学名誉教授、東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻複雑系生命システム研究センター特任研究員、熊本大学工学部客員教授、中国科学院上海技術物理研究所外国人招聘客員教授。理学博士

    竹川 敦(タケカワ アツシ)
    2004年東京大学教養学部広域科学科卒業。2006年東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻修士課程修了。修士(学術)。専攻は非平衡統計力学。2007年高等学校教諭専修免許状取得
  • 出版社からのコメント

    最初にマクスウェル方程式を微分形まで含めて完全な形で示した後で、電磁気学の様々な現象をマクスウェル方程式から導出して解説。
  • 内容紹介

    電磁気学の全体像を見通し良く把握・理解できるように、各論的な話から始めるのではなく、最初の数章でマクスウェル方程式を微分形まで含めて完全な形で示し、その後で、電磁気学の様々な現象をマクスウェル方程式から導出した上で、大学初年級の読者を念頭に懇切丁寧に解説した。力学を運動方程式から学び始めるように、マクスウェル方程式から学び始める本書は、電磁気学を学ぶ上で、まさに理想的ともいえる構成の教科書・参考書となっている。
  • 著者について

    小宮山 進 (コミヤマ ススム)
    東京大学名誉教授、理学博士。1947年 東京都出身。東京大学教養学部卒業、東京大学大学院理学系研究科修了。ハンブルグ大学助手、東京大学助教授・教授、熊本大学客員教授などを歴任。研究テーマは、半導体デバイスにおける量子現象の基礎研究およびそれを応用した世界最高感度のテラヘルツ・フォトン顕微鏡の開発など。

    竹川 敦 (タケカワ アツシ)
    2004年 東京大学教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。専攻は非平衡統計力学。高等学校教諭専修免許状取得。

マクスウェル方程式から始める電磁気学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:小宮山 進(共著)/竹川 敦(共著)
発行年月日:2015/11/25
ISBN-10:4785322497
ISBN-13:9784785322496
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:物理学
言語:日本語
ページ数:271ページ
縦:21cm

    裳華房 マクスウェル方程式から始める電磁気学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!