味いちもんめ<12>(コミック文庫(青年)) [文庫]

販売休止中です

    • 味いちもんめ<12>(コミック文庫(青年)) [文庫]

    • ¥63920ポイント(3%還元)
100000009002482226

味いちもんめ<12>(コミック文庫(青年)) [文庫]

価格:¥639(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日: 2005/01/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

味いちもんめ<12>(コミック文庫(青年)) [文庫] の 商品概要

  • 内容紹介

    ▼第1話/スクラム▼第2話/代演▼第3話/べんがら格子▼第4話/古寺▼第5話/一見(いちげん)はん▼第6話/柿若葉▼第7話/初物▼第8話/お代▼第9話/温州(うんしゅう)ミカン▼第10話/チラシ▼第11話/新ごぼう▼第12話/骨董▼第13話/親父▼第14話/送り火●主な登場人物/伊橋悟(料亭「藤村」の焼場担当。お調子者な面もあるが日々成長中)、熊野(「藤村」の花板。通称・親父さん[おやっさん])、ボンさん(「藤村」の油場担当。熟年ながら伊橋とほぼ同期。元は僧侶で遊び人?)●あらすじ/京都に来てから、正月も含めて一度も東京に戻っていない伊橋。親父さんから戻れと言われるまで、帰ることも電話することも控えるとの決心なのだが、登美幸の先輩・石川は「本当に戻ってこいと言われるのか?」と疑い、もっと遠くへ飛ばされる場合もありうると忠告する。不安になった伊橋は、一度は受話器に手を伸ばすのだが…(第1話) 。●本巻の特徴/銭湯に行った伊橋が出会った妙な老人。風呂場の作法に散々文句を言われた挙げ句、精進料理の何たるかを教えると言って連れられたのは、草ぼうぼうのあばら屋。だがこの老人、実は京都でも一、二を争う大金持ち・宗重という人物で…!?●その他の登場人物/坂巻(「藤村」の立板。伊橋たちを厳しく指導するNo.2。通称・兄さん)、谷沢誠(「藤村」の煮方。伊橋と同い年だが「藤村」では3年先輩)、黒田(「藤村」の追い回し)、横山・小松・石川・藤田・古瀬(「登美幸」の板前たち)

    図書館選書
    料理人をめざす若者・伊橋悟が入った世界は、三食下宿付き、雀の涙の給料、そして厳しい“追い回し”の日々! 料亭「藤村」で巻き起こる、汗と涙の板前修業物語!!

味いちもんめ<12>(コミック文庫(青年)) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:あべ 善太(著)/倉田 よしみ(著)
発行年月日:2005/01
ISBN-10:4091928420
ISBN-13:9784091928429
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:303ページ
縦:16cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 味いちもんめ<12>(コミック文庫(青年)) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!