ボッティチェリ"プリマヴェラ"の謎―ルネサンスの芸術と知のコスモス、そしてタロット [単行本]
    • ボッティチェリ"プリマヴェラ"の謎―ルネサンスの芸術と知のコスモス、そしてタロット [単行本]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年7月26日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002485184

ボッティチェリ"プリマヴェラ"の謎―ルネサンスの芸術と知のコスモス、そしてタロット [単行本]

価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年7月26日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:勁草書房
販売開始日: 2016/01/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ボッティチェリ"プリマヴェラ"の謎―ルネサンスの芸術と知のコスモス、そしてタロット の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    女神ウェヌスの視線と右手、花に包まれた女神フローラ。クピードーの矢の向かう先。右の暗い森と左の楽園…幻想と神秘の世界にいざなうイタリアルネサンス芸術の代表作、そこにはいまだ解かれていない謎がある。秘密の鍵をにぎるのは一枚のタロット・カード“恋人”。愛と詩情あふれるルネサンスの「知のコスモス」を豊かに描きだす!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 はじめに
    2 謎の扉をあける鍵―タロット“恋人”(ヘラクレスの選択
    フィチーノ、そしてピレボスの審判)
    3 “プリマヴェラ”の謎へ―ロレンツォの選択(シモネッタ
    ルクレツィア
    ふたつの森と夜明け
    ロレンツォと二人の恋人
    ゼピュロスとクロリス
    メルクリウスと恩寵の三女神)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ポンセ,クリストフ(ポンセ,クリストフ/Poncet,Christophe)
    1963年、フランス・リヨン生。パリ・ソルボンヌ大学で法学と政治学を修める。テレヴィ局プロデューサー業のかたわら、2000年からマルシリオ・フィチーノの哲学を研究する。現在、パリの学術研究所『ヴィラ・スタンダール』Villa Stendhal所長

    豊岡 愛美(トヨオカ アミ)
    1984年、東京都生。文化学院卒業後、2015年に学習院女子大学大学院修士課程修了。2010年より文化学院で現代詩の講師。イタリア・ルネサンスにおける芸術と詩、そしてフィチーノを中心とした思想家とのつながりに関心をもち、2015年に修士論文『芸術と徳概念:ボッティチェリ“プリマヴェラ”におけるフマニタスの徳の解釈』で学習院女子大学学会のY氏賞受賞。現代詩およびプラトン主義における「徳」(アレテー)の概念を研究する

    ヒロ・ヒライ(ヒロヒライ)
    1999年より学術ウェブ・サイトbibliotheca hermetica(略称BH)を主宰。同年にフランスのリール第三大学にて博士号(哲学・科学史)取得。現在オランダのナイメーヘン大学研究員。2012年に第九回日本学術振興会賞受賞
  • 出版社からのコメント

    イタリア・ルネサンスの偉大な芸術家ボッティチェリ、その幻想的な代表作《プリマヴェラ》に秘められた謎にせまる。
  • 内容紹介

    妖精クロリスと西風の神ゼピュロス、春の女神フローラと愛の女神ウェヌス、三女神を矢で狙うクピードー、学知の神メルクリウス。これらの人物は何を意味しているのか? 何のために描かれたのか? 秘密の鍵をにぎるのは一枚のタロット・カード《恋人》。愛と詩情あふれるルネサンスの「知のコスモス」を豊かに描きだす快著!
  • 著者について

    クリストフ・ポンセ (クリストフ ポンセ)
    クリストフ・ポンセ(フィチーノ研究者、ヴィラ・スタンダール所長)

    ヒロ・ヒライ (ヒロ ヒライ)
    ヒロ・ヒライ ルネサンス思想史。Early Science and Medicine 誌編集補佐。1999年より学術ウェブ・サイト bibliotheca hermetica(略称BH)を主宰。同年にフランスのリール第三大学にて博士号(哲学・科学史)取得。その後、欧米各国の重要な研究機関における研究員を歴任。 現在、オランダ・ナイメーヘン大学研究員。著作に Le concept de semence dans les théories de la matière à la Renaissance: de Marsile Ficin à Pierre Gassendi (Brepols,2005); Medical Humanism and Natural Philosophy: Renaissance Debates on Matter, Life and the Soul (Brill,2011)。編著に 『ミクロコスモス:初期近代精神史研究』(月曜社、2010年)。ほかに英仏伊語による著作・論文多数。 2012年に第九回日本学術振興会賞受賞。

    豊岡 愛美 (トヨオカ アミ)
    豊岡愛美(文化学院講師)

ボッティチェリ"プリマヴェラ"の謎―ルネサンスの芸術と知のコスモス、そしてタロット の商品スペック

商品仕様
出版社名:勁草書房
著者名:クリストフ ポンセ(著)/豊岡 愛美(訳)/ヒロ・ヒライ(監修)
発行年月日:2016/01/15
ISBN-10:4326800577
ISBN-13:9784326800575
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:136ページ
縦:22cm
その他: 原書名: The Choice of Lorenzo:Botticelli's Primavera between Poetry and Philosophy〈Poncet,Christophe〉
他の勁草書房の書籍を探す

    勁草書房 ボッティチェリ"プリマヴェラ"の謎―ルネサンスの芸術と知のコスモス、そしてタロット [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!