音楽テイストの大転換-ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム [単行本]

販売休止中です

    • 音楽テイストの大転換-ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム [単行本]

    • ¥7,480225ポイント(3%還元)
100000009002489694

音楽テイストの大転換-ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム [単行本]

ウィリアム・ウェーバー(著・文・その他)松田 健(翻訳)
価格:¥7,480(税込)
ポイント:225ポイント(3%還元)(¥225相当)
日本全国配達料金無料
出版社:法政大学出版局
販売開始日: 2016/01/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

音楽テイストの大転換-ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム の 商品概要

  • 目次

    演奏会プログラムの図版
    テキスト表記による演奏会プログラム事例
    謝辞
    日本語版への謝辞

    序章

    第Ⅰ部 寄せ集めと同僚主義の時代――一七五〇~一八〇〇年
    第一章 概念と文脈
    第二章 寄せ集め方式のいろいろ

    第Ⅱ部 危機と実験の時代――一八〇〇~一八四八年
    第三章 音楽アイデアリズムと旧秩序の危機
    第四章 室内楽演奏会の興隆
    第五章 慈善演奏会とヴィルチュオーソ演奏会における慣習と実験
    第六章 管弦楽演奏会のクラシカル・レパートリー形成へ向けて
    第七章 プロムナード・コンサート――「ポップス」の興隆

    第Ⅲ部 新秩序の創立期――一八四八~一八七五年
    第八章 クラシカル音楽が覇権を確立する
    第九章 一般公衆のための声楽

    エピローグ――一九一四年における音楽界の状況


    訳者あとがき

    主要文献目録
    索引
  • 出版社からのコメント

    何が、いつ、そして誰が、クラシックとなるのか。音楽のあり方が転換していく一大パノラマを、多数の図版とともに実証的に描き出す。
  • 内容紹介

    何が、そして、誰が、「クラシック」となったのか。18世紀後半から19世紀終わりにかけて、ウィーン・ライプツィヒ・ロンドン・パリという音楽都市で、人びとの音楽テイストが分化していく過程を、当時の「演奏会プログラム」を分析して実証的にたどり、演奏会における各種の慣習の変化から、音楽そのもののあり方が転換していく一大パノラマを示す。当時のプログラムなど図版多数。
  • 著者について

    ウィリアム・ウェーバー (ウェーバー ウィリアム)
    (William Weber)
    カリフォルニア州立大学ロングビーチ校歴史学科名誉教授.ハーバード大学を卒業後,シカゴ大学で博士号取得.ヨーロッパの音楽社会史について造詣が深い.博士論文は『音楽と中産階級――演奏会の社会史』(城戸朋子訳,法政大学出版局,1983)として出版されている.著書にイングランドにおける「クラシック」音楽の研究書である The Rise of Musical Classics in Eighteenth-Century England: A Study in Canon, Ritual & Ideology, Oxford: Clarendon Press, 1992 などがあり,編著に Wagnerism in European Culture and Politics, eds. by David C. Large and William Weber, Ithaca: Cornell University Press, 1984 などがある.

    松田 健 (マツダ タケシ)
    関西外国語大学外国語学部教授.マサチューセッツ大学アマースト校よりPh.D.取得(社会学).専門は組織論,日本社会論,音楽社会学.アメリカ社会学会,日本社会学会,日本チェロ協会会員.著書に『テキスト現代社会学 第2版』(ミネルヴァ書房,2008)など.1980年代にフリーランスのチェロ奏者として西日本の管弦楽団や劇場,スタジオなどで幅広い演奏活動を行った.1990年~1994年、マサチューセッツ大学アマースト校Performing Arts Divisionチェロ講師.チェロは山口香子,竹内良治,Marion Davies,Leopold Teraspulsky,およびEric Bartlettに師事.

音楽テイストの大転換-ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム の商品スペック

商品仕様
出版社名:法政大学出版局
著者名:ウィリアム・ウェーバー(著・文・その他)/松田 健(翻訳)
発行年月日:2016/01/25
ISBN-13:9784588410291
判型:46判
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:642ページ
他の法政大学出版局の書籍を探す

    法政大学出版局 音楽テイストの大転換-ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!