十津川警部捜査行―みちのく事件簿(角川文庫) [文庫]
    • 十津川警部捜査行―みちのく事件簿(角川文庫) [文庫]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002495182

十津川警部捜査行―みちのく事件簿(角川文庫) [文庫]

価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:角川書店
販売開始日: 2016/01/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

十津川警部捜査行―みちのく事件簿(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    不老不死温泉で殺人事件が起きた。重要参考人として、休暇で訪れていた警視庁刑事の酒井が連行される。弘前署から連絡を受け、十津川警部は青森へ。留置されている部下の話では、死亡した女性から誘われ、露天風呂に一緒に入ったはいいが、翌日には急に態度が変わったという。しかし解剖の結果、酒井が一人で露天風呂に入っていた時刻に、女性が死亡しており…(「死体は潮風に吹かれて」)。他、東北を舞台にした4編を収録。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    死体は潮風に吹かれて(青森);北への殺人ルート(岩手);最上川殺人事件(山形・秋田);謎と憎悪の陸羽東線(宮城);裏磐梯殺人ルート(福島)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西村 京太郎(ニシムラ キョウタロウ)
    1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍
  • 出版社からのコメント

    東北を巡る、殺人事件に、十津川警部が奔走する!
  • 内容紹介

    一人旅をしていた警視庁の刑事・酒井は同宿の女性にふとしたきっかけで誘われて一緒に露天風呂に入った。翌朝、その女性が露天風呂で死体となって発見され……。「死体は潮風にふかれて」他、4編収録

十津川警部捜査行―みちのく事件簿(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:西村 京太郎(著)
発行年月日:2016/01/25
ISBN-10:4041031559
ISBN-13:9784041031551
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:393ページ
縦:15cm
他の角川書店の書籍を探す

    角川書店 十津川警部捜査行―みちのく事件簿(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!