五峰の鷹(小学館文庫) [文庫]
    • 五峰の鷹(小学館文庫) [文庫]

    • ¥97930ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002496127

五峰の鷹(小学館文庫) [文庫]

価格:¥979(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日:2016/02/05
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 379028位

五峰の鷹(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    戦国時代、朝廷から金掘り御免の認可を得ていた三島家は石見銀山から莫大な収益をあげていたが、近隣勢力によって家を滅ぼされる。危ういところで難を逃れ、都で剣の腕を磨いた嫡子・清十郎は、お家の再興を目指し、海商・王直の知遇を得て貿易商人として才覚を見せ始める。なかでも鉄砲の威力にいち早く着目、原材料の流通を押さえる一方で、その製法や扱い方、さらに戦術をも会得していく。足利十三代将軍義輝、毛利元就、若き織田信長らとの交流を経て戦国武将として成長。絶体絶命の危機を何度も乗り越えて、夢に近づいてゆく。
  • 内容紹介

    海を奔る男たちの壮大なる戦国叙事詩

    16世紀半ば、朝廷から金掘り御免の認可を得ていた山吹城主・三島清佐衛門は、大内氏から石見銀山の採掘権を得た筑前博多の豪商・神谷寿禎とともに開発を進め.、莫大な収益をあげるようになった。しかし、近隣に勢力を張る尼子氏によって家を滅ぼされ、幼かった清十郎は難を逃れて都で修行生活を送ることになる。やがて成長した清十郎は室町幕府の兵法指南所で頭角を現わし、お家の再興を目指し、海商・王直の知遇を得て貿易商人として才覚を見せ始める。なかでも鉄砲の威力には早くから注目、その扱い方や戦術を学ぶと共に、火薬や弾薬の原料となる硝石や鉛の流通を押さえる必要性も痛感し、戦国大名との交流の中で独特の地位を築いてゆく。その中で、父の敵ともいえる相手と対決、とらわれの身となった母とも再会。将軍・義輝にも重用されるようになり、奉行の役職を与えられるが、足利家の威光はすでに意味を持たなくなっていた。絶体絶命の危機を何度も乗り越え、清十郎は夢に近づいていく。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    『等伯』で第148回直木賞を受賞、今年の正月時代劇『信長燃ゆ』の原作者でもある安部龍太郎氏が長年温めていた構想による歴史小説。武将たちの武勇伝がクローズアップされがちな戦国史だが、いつの世も資源と経済を押さえたものが最強であるということを認識させられる。歴史小説の新しい流れである「安部史観」を満喫できる。

    図書館選書
    戦国時代、国を奪われながら、いち早く鉄砲の威力とその流通の重要性に着目し、自ら商いをしつつ戦国武将と交流を深め、お家再興を目指す若き武将の姿を通し、時代が大きく動いた原動力を浮き彫りにする。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安部 龍太郎(アベ リュウタロウ)
    1955年福岡県黒木町(現八女市)生まれ。久留米高専卒。東京都大田区役所で図書館司書を務めながら小説家を志し、90年『血の日本史』でデビュー。以後独自の歴史観に基づく骨太の歴史小説を数多く発表。05年『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞、13年『等伯』で第一四八回直木賞を受賞

五峰の鷹(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:安部 龍太郎(著)
発行年月日:2016/02/10
ISBN-10:409406270X
ISBN-13:9784094062700
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:684ページ
縦:15cm

    小学館 五峰の鷹(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!