ロマン派の音楽―歴史的背景と演奏習慣 [単行本]

販売休止中です

    • ロマン派の音楽―歴史的背景と演奏習慣 [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
100000009002496128

ロマン派の音楽―歴史的背景と演奏習慣 [単行本]

  • 3.0
価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
日本全国配達料金無料
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2016/02/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

ロマン派の音楽―歴史的背景と演奏習慣 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    まえがき/はじめに
    第1章 歴史的背景
    第2章 記譜法と解釈
    第3章 鍵盤楽器
    第4章 弦楽器
    第5章 管楽器
    第6章 歌唱
    第7章 原典資料とエディション
    読書案内/CDについて
    訳者あとがき/人名索引/事項索引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    バートン,アントニー(バートン,アントニー/Burton,Anthony)
    Cambridge Universityで音楽を学び、ニュー・イングランドとマンチェスターで芸術行政に携わったのち、15年間BBC第3ラジオ番組の音楽プロデューサーを務めた。現在は音楽の幅広い分野にわたってフリーで放送や著作に携わっている。イースト・ロンドンの2001年スピタルフィールズ音楽祭(Spitalfields Festival)の芸術監督にも招かれた

    角倉 一朗(スミクラ イチロウ)
    1932年東京生。東京芸術大学音楽学部楽理科卒、同専攻科修了。桐朋学園大学助教授、東京芸術大学助教授、同教授、神戸女学院大学特任教授を歴任。元日本音楽学会会長、元国際音楽学会理事。現在、東京芸術大学名誉教授
  • 出版社からのコメント

    『バロック音楽』『古典派の音楽』に続く、3巻シリーズの完結編。ロマン派(1828年~1914年頃)を対象とした演奏の手引き。
  • 内容紹介

    本書は、1828年(ベルリオーズの作品1)から1914年頃までのロマン派時代を対象とした演奏の手引きである。鍵盤、弦、管、声楽の各分野の章、そしてその前後に、すべての分野に共通する章(「歴史的背景」「記譜法と解釈」「原典資料とエディション」)が置かれている。学問的知識のみならず、演奏体験をもつ音楽家によることが特色。「はじめに」はロジャー・ノリントンによる。ドニゼッティ、ベッリーニ、メンデルスゾーン、ショパン、シューマン、リスト、ヴァーグナー、フランク、ブルックナー、ブラームス、グリーグ、フォーレ、ドビュッシー、ラヴェルなどの作品、J. N. フンメル、L. シュポーア、C. フレッシュ、M. ガルシアなど当時の教本を、譜例入りで取り上げている。楽器や絵画などの図版も。本書は、既刊の『バロック音楽』『古典派の音楽』に続く、3巻のシリーズの完結編。人名索引、事項索引付き。
  • 著者について

    アントニー バートン
    ケンブリッジ大学で音楽を学び、ニュー・イングランドとマンチェスターで芸術行政に携わったのち、15年間BBC第3ラジオ番組の音楽プロデューサーを務めた。現在は音楽の幅広い分野にわたってフリーで放送や著作に携わっている。イースト・ロンドンの2001年Spitalfields Festivalの芸術監督にも招かれた。多くのCDライナーノートがある。

    角倉 一朗 (スミクラ イチロウ)
    1932年東京生。東京芸術大学音楽学部楽理科卒、同専攻科修了。桐朋学園大学助教授、東京芸術大学助教授、同教授、神戸女学院大学特任教授を歴任。元日本音楽学会会長、元国際音楽学会理事。現在、東京芸術大学名誉教授。

ロマン派の音楽―歴史的背景と演奏習慣 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:アントニー バートン(編)/角倉 一朗(訳)
発行年月日:2016/03/10
ISBN-10:427614065X
ISBN-13:9784276140653
判型:B5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:182ページ
縦:26cm
その他: 原書名: A PERFORMER'S GUIDE TO MUSIC OF THE ROMANTIC PERIOD〈Burton,Anthony〉
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 ロマン派の音楽―歴史的背景と演奏習慣 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!