製品開発の現地化―デンソーに見る本社組織の変化と知識連携 [単行本]
    • 製品開発の現地化―デンソーに見る本社組織の変化と知識連携 [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002498815

製品開発の現地化―デンソーに見る本社組織の変化と知識連携 [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2015/12/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

製品開発の現地化―デンソーに見る本社組織の変化と知識連携 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    多国籍企業としてもう一歩前に進むために。なぜ、販売・生産までは海外移転できても、製品開発機能のグローバル化でつまずく日本企業が多いのか?どうすれば、本国における技術知識の蓄積を、多様な海外市場で柔軟に活用できる組織になれるのか?企業活動のグローバル化をより深化させるため、不可避の課題に挑む。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 本書の理論的・現実的背景と位置づけ(製品開発のグローバル化における本社内部の組織的課題
    既存研究の偏りと本研究の視点
    グローバル製品開発戦略の4類型―7社の事例から)
    第2部 デンソーにおける製品開発のグローバル化(従来の開発立地と製品設計―伊・韓・米拠点の事例から
    新たな開発拠点の設立と育成―印・中・タイ拠点における製品開発機能の形成)
    第3部 本社組織内部の課題と解決へのアプローチ(本社組織内部における調整の必要性―本社エンジニアの心理的抵抗とDP‐EMの事例
    知識を繋げる新たなアプローチ―逆駐在制度の有効性と課題
    結び―知識移転から知識連携へ)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    金 煕珍(キム ヒジン)
    1980年韓国・釜山生まれ。2003年釜山大学校人文学部英語英文学科・国際学科卒業。2005年ソウル大学校国際大学院修士課程修了。2009年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。2012年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)特任助教。2013年広島大学大学院社会科学研究科講師。2014年東京大学博士号(経済学)取得。東北大学大学院経済学研究科准教授

製品開発の現地化―デンソーに見る本社組織の変化と知識連携 の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:金 煕珍(著)
発行年月日:2015/12/25
ISBN-10:4641164665
ISBN-13:9784641164666
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:280ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 製品開発の現地化―デンソーに見る本社組織の変化と知識連携 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!