大江戸恐龍伝〈6〉(小学館文庫) [文庫]
    • 大江戸恐龍伝〈6〉(小学館文庫) [文庫]

    • ¥75923ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002500335

大江戸恐龍伝〈6〉(小学館文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥759(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2016/01/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

大江戸恐龍伝〈6〉(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    将軍家治が龍を見物にやってきたその日、龍囲いで大火事が発生し、龍が江戸の町に放たれてしまう。龍使いの樊が江戸を離れている今、龍を捕える術はあるのか?樊と、源内の恋人・お吟はなぜうり二つなのか?火鼠は何を企んで暗躍しているのか?その頭領の正体とは?すべての糸がつながると、そこには思いもかけない悲劇の真相が隠されていた―。龍は?江戸は?そして、源内の運命は?最後は人を殺して牢死したともいわれる平賀源内。物語は誰も予期せぬ結末へ向かう。著者渾身の冒険小説にして、伝奇時代小説、ここに完結!
  • 目次

    二十六章 源内真相に迫りつつも なお気がつかざりし語 二十七章 火鼠の一味の尻尾ついに見ゆるも 未だ謎深き語 二十八章 龍逃げ出して 大江戸八百八町大騒ぎとなる語 二十九章 トウテツ狂龍となり 火鼠の一味この騒ぎに乗じて盗めする語 三十章 源内江戸を救わんと 秘策をもちて龍を誘う語 結びの章 嗟非常の人非常のことを好み 行ひ是れ非常 なんぞ非常の死なる語 あとがき 文庫あとがき
  • 内容紹介

    構想20年、渾身の伝奇時代小説遂に完結!

    ニルヤカナヤから「ゑれき丸」で龍を連れ帰った、平賀源内。両国での龍の見世物は大成功を収め、将軍徳川家治も龍を見に来ることになったのだが・・・。
    家治が龍見物にやってきたその日、龍囲いで大火事が発生し、龍が江戸の町に放たれてしまう。龍使いのハンが江戸を離れている今、龍をとらえる術はあるのか?
    ハンと、源内の恋人・御銀はなぜうり二つなのか? 火鼠は何を企んで暗躍しているのか? その頭領の正体とは?
    すべての糸がつながると、そこには思いもかけない悲劇の真相が隠されていた---。
    龍は? 江戸は? そして、源内の運命は?
    最後は人を殺して牢死したともいわれる平賀源内。物語は誰も予期せぬ結末へ向かう。
    構想から20年、者渾身の冒険小説にして、伝奇時代小説。ここに完結!!
    著者のメッセージ映像も見られる特設サイトはこちらです。

    http://bp.shogakukan.co.jp/yumemakurabaku/

    図書館選書
    両国での龍の見世物は大成功を収めるが、将軍家治が見物にやってきたその日、大火事が起こり龍が江戸の町に放たれてしまう。龍は? 江戸は? 平賀源内の運命は? すべての謎がついに解け、思いもよらない結末へ!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    夢枕 獏(ユメマクラ バク)
    1951年神奈川県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒。1977年作家デビュー。『上弦の月を喰べる獅子』(日本SF大賞)、『神々の山嶺』(柴田錬三郎賞)、『大江戸釣客伝』(吉川英治文学賞他)

大江戸恐龍伝〈6〉(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:夢枕 獏(著)
発行年月日:2016/01/09
ISBN-10:4094062548
ISBN-13:9784094062540
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:405ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 大江戸恐龍伝〈6〉(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!