ふたつぼし〈2〉(角川文庫) [文庫]
    • ふたつぼし〈2〉(角川文庫) [文庫]

    • ¥70422ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002500718

ふたつぼし〈2〉(角川文庫) [文庫]

価格:¥704(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:角川書店
販売開始日: 2016/01/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ふたつぼし〈2〉(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    流浪の生活を送っていた兵ノ介。念願かなって仇敵・高杉玄之丞と果たし合うが、実の父親だったことに衝撃を受け、世話になっていた伝兵衛の前から姿を消す。一方、江戸で酒問屋を営む伝兵衛が消息を追ったところ、中山道の倉賀野宿で博徒の用心棒の噂を掴む。剣が滅法強く人斬りに長けたその男は兵ノ介なのか?それとも血を分けた双子の兄なのか?運命の糸に導かれるように、兵ノ介に新たな試練が待ち受ける―。
  • 出版社からのコメント

    運命の手によって別れた二人が邂逅する時、新たな試練が待ち受ける!
  • 内容紹介

    高杉藩のご落胤にして流浪の生活を送っていた兵ノ介は、念願だった父の仇討ちを果たした。だが消失感に襲われ、世話になっていた伝兵衛の前から姿を消
    す。一方、江戸で大店を構える伝兵衛が消息を追ったところ、中山道の倉賀野宿で用心棒をする男の噂を掴んだ。剣が滅法強く兵ノ介と名乗っているという。男は兵ノ介が生き別れた双子の兄なのか? 運命の手に導かれるように、兵ノ介に新たな試練が待ち受ける――。

    図書館選書
    流浪の生活を送っていた兵ノ介は、念願かなって仇敵と果たしあった後、姿をくらましてしまう。一方、江戸で大店を構える伝兵衛が彼の消息を追うと、倉賀野宿で用心棒をする男が兵ノ介と名のっており……。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中谷 航太郎(ナカタニ コウタロウ)
    広島県出身、早稲田大学卒。作家、写真家
  • 著者について

    中谷航太郎 (ナカタニコウタロウ)
    広島県出身、早稲田大学卒。作家、写真家。主な作品に「秘闘秘録 新三郎&魁」シリーズ『ヤマダチの砦』『隠れ谷のカムイ』『オニウドの里』『覇王のギヤマン』『アテルイの遺刀』。その他『首売り丹左』『晴れときどき、乱心』などがある。石本馨名義の写真集は『戦争廃墟』『団地巡礼』『見たことないサボテン・多肉植物』(小田康平著・中谷航太郎撮影)など。英・レアクション出版から刊行された『Photography and Japan(写真と日本)』にも作品が収録された。

ふたつぼし〈2〉(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:中谷 航太郎(著)
発行年月日:2016/01/25
ISBN-10:4041034841
ISBN-13:9784041034842
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:246ページ
縦:15cm
他の角川書店の書籍を探す

    角川書店 ふたつぼし〈2〉(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!