SAP SQL Anywhere 17―自己管理型RDBMS入門ガイド [単行本]

販売休止中です

    • SAP SQL Anywhere 17―自己管理型RDBMS入門ガイド [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
100000009002501388

SAP SQL Anywhere 17―自己管理型RDBMS入門ガイド [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:翔泳社
販売開始日: 2016/01/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

SAP SQL Anywhere 17―自己管理型RDBMS入門ガイド の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自動チューニングで高速処理を実現するエンタープライズRDBMS SAP SQL Anywhereのインストールからバックアップとリカバリなどの管理機能、高可用性、負荷分散、クラウド対応、データ同期まで広く解説し、大量のセンサーデータ処理を必要とするIoTにおいて注目される理由に迫る一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 SAP SQL Anywhereとは
    2 SQL Anywhereの使い方
    3 SQL Anywhereの内部動作
    4 パフォーマンスチューニング
    5 バックアップとリカバリ
    6 高可用性構成とスケールアウト構成
    7 Programming API
    8 Mobile Link
    9 Ultra Light
    10 SAP SQL Anywhereのユースケースと事例
  • 出版社からのコメント

    さまざまな端末からの複雑なアクセスを処理できるデータベース、IoT、ビッグデータ時代のデータベースシステムの在り方を紹介
  • 内容紹介

    SAP社のエンタープライズ向けデータベース製品「SAP SQL Anywhere」は、自己管理型の高性能RDBMS「SAP SQL Anywhere」と、iPhoneなどのモバイル端末でも稼働する超小型RDB「Ultra Light」、異種のデータベースと何万ものSQL AnywhereまたはUltra Lightデータベースとの同期が可能なミドルウェア「Mobile Link」、そして多彩な管理ツールなどを同梱したスイート製品です。その中核をなすRDBMS SAP SQL Anywhereは、1ユーザーから数百万ユーザーレベルまで、そしてUNIXサーバーからLinux、Mac OS、Windows、さらにはARM Linuxベースのシングルボードコンピューティングまで対応する高性能、軽量RDBMSです。

    Javaや.NETフレームワークのほかにもPerl、PHP、Python、Ruby、Diangoなど多数のプログラミング環境をサポートし、アプリケーションへのデータベースの埋め込みも容易です。

    日本での約10年ぶりの解説本となった本書では、SAP SQL Anywhereのインストールからバックアップ/リカバリなどRDBMSとしての基本的な機能、進化したチューニング機能、高可用性、負荷分散などのエンタープライズ向け機能について解説するとともに、クラウド版や他社製データベースとのデータ同期、Ultra Lightを用いたモバイルアプリケーションの開発例など、SQL Anywhereスイートの全体像を解説します。IoT(モノのインターネット)が話題となるなか、大量のセンサーデータのさまざまな活用が注目されています。本書はIT環境の革新に合わせて進化するSQL Anywhereを知るための最適な1冊です。

SAP SQL Anywhere 17―自己管理型RDBMS入門ガイド の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:SQL Anywhere解説書出版プロジェクトチーム(著)
発行年月日:2016/01/15
ISBN-10:4798143693
ISBN-13:9784798143699
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:397ページ
縦:23cm
横:19cm
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 SAP SQL Anywhere 17―自己管理型RDBMS入門ガイド [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!