フランシス・ベーコン 感覚の論理学 [単行本]
    • フランシス・ベーコン 感覚の論理学 [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月25日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002507637

フランシス・ベーコン 感覚の論理学 [単行本]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月25日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:河出書房新社
販売開始日:2016/02/24
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 42834位

フランシス・ベーコン 感覚の論理学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「ベーコンはいつも器官なき身体を、身体の強度的現実を描いてきた」「器官なき身体」の画家ベーコンの“図像”に迫りながら「ダイアグラム」と「力」においてドゥルーズの核心を開示する名著。ドゥルーズ唯一の絵画論にして最も重要な芸術論、新訳。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    円、舞台
    古典絵画と具象との関係についての注釈
    闘技
    身体、肉そして精神、動物になること
    要約的注釈:ベーコンのそれぞれの時期と様相
    絵画と感覚
    ヒステリー
    力を描くこと
    カップルと三枚組みの絵
    注釈:三枚組みの絵とは何か
    絵画、描く前…
    図表
    アナロジー
    それぞれの画家が自分なりの方法で絵画史を要約する
    ベーコンの横断
    色彩についての注釈
    目と手
  • 出版社からのコメント

    ドゥルーズが美術を論じた唯一の書が新訳で復活。器官なき身体の画家としてのベーコンを論じながら、新たな哲学をつくりあげる名著。
  • 著者について

    ジル・ドゥルーズ (ドゥルーズ,G)
    1925年パリ生まれの哲学者。1995年、自ら死を選ぶ。スピノザやニーチェの研究を通じ西欧哲学の伝統を継承しつつその批判者となる。主著ーF・ガタリと共著『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』『哲学とは何か』他。

    宇野 邦一 (ウノ クニイチ)
    1948年生まれ。著書『アルトー 思考と身体』など多数、訳書、ドゥルーズ『フーコー』『時間イメージ』『襞』、ドゥルーズ+ガタリ『アンチ・オイディプス』など

フランシス・ベーコン 感覚の論理学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:河出書房新社
著者名:ジル ドゥルーズ(著)/宇野 邦一(訳)
発行年月日:2016/02/28
ISBN-10:4309247490
ISBN-13:9784309247496
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:253ページ ※244,9P
縦:20cm
その他: 原書名: Francis Bacon:logique de la sensation〈Deleuze,Gilles〉

    河出書房新社 フランシス・ベーコン 感覚の論理学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!