『バイエル』原典探訪―知られざる自筆譜・初版譜の諸相 [単行本]
    • 『バイエル』原典探訪―知られざる自筆譜・初版譜の諸相 [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002512015

『バイエル』原典探訪―知られざる自筆譜・初版譜の諸相 [単行本]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2016/03/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

『バイエル』原典探訪―知られざる自筆譜・初版譜の諸相 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    これが『バイエル』の本当の姿だ!初版の『バイエルピアノ教則本』全ページを本邦初公開!自筆譜発見の経緯や初版と比較した一覧表等、詳細な解説付き。グローバルなベストセラーとして、日本の音楽文化に重要な影響を与えた楽譜の、知られざる実像。
  • 目次

    1.はじめに バイエルの人物像
    2.バイエルQ&A
    3.バイエル ピアノ教則本〈初版〉
    4.バイエルの知られざる原典
    どれが初版なの/自筆譜発見!
    5.驚異のベストセラーだった『バイエル』
    6.校訂
    初版のテキストクリティーク/初版から読み解く『バイエル』の音楽/日本で使用されてきた『バイエル』の歴史
    7.あとがき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安田 寛(ヤスダ ヒロシ)
    1948年、山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年奈良教育大学教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞

    小野 亮祐(オノ リョウスケ)
    1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。くらしき作陽大学音楽学部並びに奈良教育大学教育学部非常勤講師を経て、2011年より北海道教育大学釧路校准教授。外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事(2016年2‐3月)

    多田 純一(タダ ジュンイチ)
    大阪芸術大学大学院芸術研究科博士後期課程修了。博士号(芸術文化学)を取得。音楽学を芹澤尚子、前川陽郁の各氏に、ピアノを藤井美津子、安部ありか、前田則子の各氏に師事。アンジェイ・ヤシンスキ氏の公開レッスンを受講。ショパン作品および『バイエル』に関するエディション研究、日本におけるショパン受容、澤田柳吉の音楽活動等の研究において論文多数。講演やレクチャーコンサート、ピアノコンクールの審査を行っている。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、日本ショパン協会関西支部各会員。大阪芸術大学大学院助手を経て、現在、大阪健康福祉短期大学非常勤講師

    長尾 智絵(ナガオ チエ)
    奈良教育大学教育学部、同大学院修士課程音楽教育専修修了。研究テーマは音楽を中心とした幼児教育。現在、日本女子大学大学院博士課程にて昭和20年代より「子供のバイエル」を編纂し、「おべんとう」など幼児のための歌を多く作曲した一宮道子についての研究を進める。帝塚山大学、神戸松陰女子学院大学、奈良保育学院、各非常勤講師
  • 出版社からのコメント

    『バイエル』の〈初版〉を日本初出版。さらに新発見の自筆譜の情報や初版発行部数や海外版発行年などの情報も紹介。
  • 内容紹介

    ピアノ楽譜の中で日本で最も有名なのは、間違いなく『バイエル ピアノ教則本』です。しかしこの楽譜のオリジナルの姿は、全く知られていません。初心者用ピアノ教本の中で最多の売上と影響力を誇り、出版各社から数多くの同工異曲版が発行されているにもかかわらず、実はそれらはオリジナルの姿と異なり、イラストや併用曲が加えられ、楽典が書き換えられ、肝心の楽譜も「初版」ではない資料にもとづいて作られて、スラーやアーティキュレーションが変更されています。本書は1850年に発行された『バイエル』の〈初版〉を日本で初めて明らかにするものです。それとともに取材過程で発見された自筆譜をはじめとする様々な情報──初版の発行部数や海外版の発行年、さらには自筆譜との差異を紹介し、日本のピアノ教育界が最も強く深く影響を受けてきた『バイエル』の本来の姿を探ります。『バイエル』は本国で刊行後ベストセラーとなり、すぐさま各国語に翻訳されて国際的に広まりました。こうしたグローバルな流れの中で日本にもたらされたのです。ですからオリジナルの姿を知ることは、私達の先祖がどのように西洋音楽を受け入れたかを考える重要な手がかりとなるはずです。
  • 著者について

    安田 寛 (ヤス ダヒロシ)
    監修:国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。著書『唱歌と十字架』『日韓唱歌の源流』『バイエルの謎』(以上、音楽之友社)他。

    小野 亮祐 (オノ リョウスケ)
    著:広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学、『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

    多田 純一 (タダ ジュンイチ)
    著:大阪芸術大学大学院芸術研究科博士後期課程修了。博士号(芸術文化学)を取得。著書「日本人とショパン 洋楽導入期のピアノ音楽」(アルテスパブリッシング)。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、日本ピアノ教育連盟、日本ショパン協会関西支部各会員。

    長尾 智絵 (ナガオ チエ)
    著:大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒。奈良教育大学教育学部を経て同大学院修士課程音楽教育専修修了。日本女子大学大学院人間生活学研究科人間発達学専攻博士課程にて一宮道子の功績を中心に研究を進める。帝塚山大学、神戸松陰女子学院大学、奈良保育学院非常勤講師。

『バイエル』原典探訪―知られざる自筆譜・初版譜の諸相 の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:安田 寛(監修)/小野 亮祐(著)/多田 純一(著)/長尾 智絵(著)
発行年月日:2016/04/10
ISBN-10:4276143853
ISBN-13:9784276143852
判型:規大
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:126ページ
縦:31cm
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 『バイエル』原典探訪―知られざる自筆譜・初版譜の諸相 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!