共産主義黒書 ソ連篇(ちくま学芸文庫) [文庫]
    • 共産主義黒書 ソ連篇(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002518015

共産主義黒書 ソ連篇(ちくま学芸文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2016/03/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

共産主義黒書 ソ連篇(ちくま学芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1917年の革命によって生まれた史上初の共産主義国家“ソ連”。レーニン主導のボリシェヴィキは、国内の権力基盤を固めるべく、白軍や農民との戦いを開始する。そこでなされた仮借ない暴力と抑圧のサイクルは、やがて後継者スターリンにより大量殺人・テロル・強制収容所を軸とする統治形態へと高められることとなる。前代未聞の犠牲者数を出すに至った政治の淵源には果たして何があったのか。長きにわたり隠されてきた共産主義の犯罪を数々の資料から白日の下に曝し、世界に衝撃を与えた書。本篇では、ソ連史の中心を占める暴力の全過程を扱う。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    共産主義の犯罪
    第1部 人民に敵対する国家―ソ連における暴力、抑圧、テロル(十月革命のパラドックスと食い違い
    「プロレタリア独裁の武装せる腕」
    赤色テロル
    「醜悪な戦争」
    タンボフから大飢饉へ
    息継ぎから「大転換」へ
    強制的集団化とクラーク撲滅
    大飢饉
    「社会的異分子」と抑圧のサイクル
    大テロル(一九三六‐一九三八)
    収容所帝国
    勝利の陰に
    グラーグの最盛期と危機
    最後の陰謀
    スターリン主義からの脱却)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    クルトワ,ステファヌ(クルトワ,ステファヌ/Courtois,St´ephane)
    1947年生まれ。CNRS(フランス国立科学研究センター)主任研究員。『共産主義』誌編集長。専門はロシア・ソ連史、共産主義の歴史

    ヴェルト,ニコラ(ヴェルト,ニコラ/Werth,Nicolas)
    1950年生まれ。現代史研究所研究員。専門は、ソ連史

    外川 継男(トガワ ツグオ)
    1934年東京生まれ。上智大学名誉教授。専攻、ロシア史
  • 出版社からのコメント

    史上初の共産主義国家〈ソ連〉は、大量殺人・テロル・強制収容所を統治形態にまで高めた。レーニン以来行われてきた犯罪を赤裸々に暴いた衝撃の書。

共産主義黒書 ソ連篇(ちくま学芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:ステファヌ クルトワ(著)/ニコラ ヴェルト(著)/外川 継男(訳)
発行年月日:2016/03/10
ISBN-10:4480097236
ISBN-13:9784480097231
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:630ページ
縦:15cm
その他: 原書名: LE LIVRE NOIR DU COMMUNISME:Crimes,terreur,r´epression〈Courtois,St´ephane;Werth,Nicolas〉
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 共産主義黒書 ソ連篇(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!