散華の太刀―織江緋之介見参〈4〉 新装版 (徳間時代小説文庫) [文庫]
    • 散華の太刀―織江緋之介見参〈4〉 新装版 (徳間時代小説文庫) [文庫]

    • ¥74523ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月23日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002518112

散華の太刀―織江緋之介見参〈4〉 新装版 (徳間時代小説文庫) [文庫]

価格:¥745(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月23日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:徳間書店
販売開始日:2016/02/05
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 132097位

散華の太刀―織江緋之介見参〈4〉 新装版 (徳間時代小説文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    浅草に轟音が響きわたった。堀田家の煙硝蔵が爆発したのだ。表向きの原因は管理する職人の不手際。だが織江緋之介のもとに現れた老中阿部忠秋の家中によれば、老中格松平信綱が水面下で関与しているという。徳川光圀の命を受けて真相解明に乗り出す緋之介は、堀田家家臣らの不審な動向を目の当たりに。信綱と堀田家は何を企んでいるのか。怨念渦巻く陰謀を察した緋之介に刺客が忍び寄る。人気シリーズ圧巻の第四弾!傑作剣豪小説。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上田 秀人(ウエダ ヒデト)
    1959年、大阪府生まれ。大阪歯科大学卒業。97年に「身代わり吉右衛門」で桃園書房主催第20回小説クラブ新人賞佳作、2010年に『孤闘 立花宗茂』で中山義秀文学賞を受賞
  • 出版社からのコメント

    江戸城下で爆発事件が発生。首謀者はあろうことか老中。その狙いとは? 怨念渦巻く、戦慄の陰謀に緋之介が挑む。シリーズ第四弾
  • 内容紹介

    浅草に轟音が響きわたった。堀田家の煙硝蔵が爆発したのだ。表向きの原因は管理する職人の不手際。だが織江緋之介のもとに現れた老中阿部忠秋の家中によれば、老中格松平信綱が水面下で関与しているという。徳川光圀の命を受けて真相解明に乗り出す緋之介は、堀田家家臣らの不審な動向を目の当たりに。信綱と堀田家は何を企んでいるのか。怨念渦巻く陰謀を察した緋之介に刺客が忍び寄る。
  • 著者について

    上田秀人 (ウエダヒデト)
    1959年大阪府生まれ。97年に「身代わり吉右衛門」で桃園書房主催第20回小説クラブ新人賞佳作、2010年に単行本『孤闘立花宗茂』(中央公論新社)で中山義秀文学賞を受賞。主なシリーズに「将軍家見聞役元八郎」「お髷番承り候」「禁裏付雅帳」(以上、徳間文庫)、「闕所物奉行裏帳合」(中公文庫)、「勘定吟味役異聞」「御広敷用人大奥記録」(以上、光文社文庫)、「奥右筆秘帳」「百万石の留守居役」(講談社文庫)、「妾屋昼兵衛女帳面」「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)、「表御番医師診療禄」(角川文庫)などがある。そのほかにも『峠道 鷹の見た風景』(徳間書店)、『梟の系譜宇喜多四代』(講談社)、『鳳雛の夢』(光文社)など著書多数。

散華の太刀―織江緋之介見参〈4〉 新装版 (徳間時代小説文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:徳間書店
著者名:上田 秀人(著)
発行年月日:2016/02/15
ISBN-10:4198940649
ISBN-13:9784198940645
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:445ページ
縦:15cm

    徳間書店 散華の太刀―織江緋之介見参〈4〉 新装版 (徳間時代小説文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!