恋文―ぼくときつねの物語 [単行本]
    • 恋文―ぼくときつねの物語 [単行本]

    • ¥3,19096ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月23日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002526633

恋文―ぼくときつねの物語 [単行本]

竹田津 実(著)安野 光雅(挿絵)三村 淳(構成)
価格:¥3,190(税込)
ポイント:96ポイント(3%還元)(¥96相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月23日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:アリス館
販売開始日: 2016/03/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

恋文―ぼくときつねの物語 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    集大成となる写真文集。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    竹田津 実(タケタズ ミノル)
    1937年、大分県生まれ。獣医師、写真家。1963年より北海道小清水町において、活動を始める。映画「キタキツネ物語」企画・動物監督。著書『子ぎつねヘレンがのこしたもの』(偕成社)が2006年3月「子ぎつねヘレン」として映画化。『オホーツクの十二か月』(産経児童出版文化賞受賞)、『アフリカ』(旅の文化賞受賞)など多数
  • 出版社からのコメント

    農家の嫌われ者・キツネを撮り続けた竹田津さん。子育て上手な母、知覚を失ったキツネ等、多くの出会いを美しい写真と文で。
  • 著者について

    竹田津実 (タケダツミノル)
    1937年、大分県生まれ。獣医師、写真家。1963年より北海道東部において、活動を始める。映画「キタキツネ物語」企画・動物監督。著書「子ぎつねヘレンがのこしたもの」(偕成社)が「子ぎつねヘレン」として映画化され、2006年3月に封切。「えぞ王国」(新潮社)、「オホーツクの十二か月」(福音館書店)、「どうぶつさいばん」シリーズ(偕成社・あべ弘士/絵)ほか、写真集、エッセイ、絵本のテキストに多数の仕事がある。

恋文―ぼくときつねの物語 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:アリス館
著者名:竹田津 実(著)/安野 光雅(挿絵)/三村 淳(構成)
発行年月日:2016/04/05
ISBN-10:4752007487
ISBN-13:9784752007487
判型:A5
対象:児童
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:243ページ
縦:16cm
横:22cm
他のアリス館の書籍を探す

    アリス館 恋文―ぼくときつねの物語 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!