徳と理性―マクダウェル倫理学論文集(双書現代倫理学〈2〉) [全集叢書]
    • 徳と理性―マクダウェル倫理学論文集(双書現代倫理学〈2〉) [全集叢書]

    • ¥3,630109ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002531745

徳と理性―マクダウェル倫理学論文集(双書現代倫理学〈2〉) [全集叢書]

価格:¥3,630(税込)
ポイント:109ポイント(3%還元)(¥109相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:勁草書房
販売開始日: 2016/02/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

徳と理性―マクダウェル倫理学論文集(双書現代倫理学〈2〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    倫理学の根幹へ向けた問い。物体のようには掴めないものの実在性(リアリティ)について。倫理的な実在論・認知主義。
  • 目次

    監訳者まえがき
    凡例

    第一章 徳と理性

    第二章 道徳の要請は仮言命法なのか

    第三章 外在的理由はありうるか

    第四章 価値と第二性質

    第五章 倫理学における投射と真理

    第六章 二種類の自然主義

    第七章 非認知主義と規則順守

    解説 マクダウェル倫理学の文脈と射程[大庭健]
    監訳者あとがき
    事項索引
    人名索引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    マクダウェル,ジョン(マクダウェル,ジョン/McDowell,John)
    1942年生まれ。ピッツバーグ大学教授。オックスフォード大学講師を経て、1986年より現職。研究分野は多岐にわたり、ギリシア哲学、倫理学、言語哲学、認識論、心の哲学、ウィトゲンシュタイン研究において、影響力ある論考を発表している。近年はカント、ヘーゲル研究でも知られる

    大庭 健(オオバ タケシ)
    専修大学教授
  • 出版社からのコメント

    現代哲学の巨匠中の巨匠が倫理学の大前提に疑義を呈す。倫理学は普遍的な道徳原理を探究する営みなのだろうか。粘り強い思考の記録。
  • 内容紹介

    マクダウェルの思索は、どのようにして・どういう倫理的な実在論・認知主義にたどり着いたのか。「行為の理由の判断に徳の有無がどう影響するのか」という行為の合理性の問題と、「道徳的な特徴はものごとの実在的性質か」という倫理学の根幹にかかわる問いへの、マクダウェルの向き合い方を見る。
  • 著者について

    ジョン・マクダウェル (ジョン マクダウェル)
    ジョン・マクダウェル1942年生まれ。ピッツバーグ大学教授。オックスフォード大学講師を経て、1986年より現職。研究分野は多岐にわたり、ギリシア哲学、倫理学、言語哲学、認識論、心の哲学、ウィトゲンシュタイン研究において、影響力ある論考を発表している。近年はカント、ヘーゲル研究でも知られる。

    大庭 健 (オオバ タケシ)
    大庭健(おおば たけし)専修大学教授.東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学.専門は倫理学・分析哲学.著書に『いのちの倫理』(ナカニシヤ出版,2012年),『善と悪─倫理学への招待』(岩波新書,2006年)ほか多数.訳書にアマルティア・セン『合理的な愚か者』〔共訳〕(勁草書房,1989年)ほか.

徳と理性―マクダウェル倫理学論文集(双書現代倫理学〈2〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:勁草書房
著者名:ジョン マクダウェル(著)/大庭 健(編・監訳)
発行年月日:2016/02/20
ISBN-10:4326199687
ISBN-13:9784326199686
判型:B6
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:倫理学
言語:日本語
ページ数:312ページ ※307,5P
縦:20cm
他の勁草書房の書籍を探す

    勁草書房 徳と理性―マクダウェル倫理学論文集(双書現代倫理学〈2〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!