左遷論―組織の論理、個人の心理(中公新書) [新書]
    • 左遷論―組織の論理、個人の心理(中公新書) [新書]

    • ¥90228ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002532673

左遷論―組織の論理、個人の心理(中公新書) [新書]

価格:¥902(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2016/02/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

左遷論―組織の論理、個人の心理(中公新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    左遷という言葉は「低い役職・地位に落とすこと」の意味で広く用いられる。当人にとって不本意で、理不尽と思える人事も、組織の論理からすれば筋が通っている場合は少なくない。人は誰しも自分を高めに評価し、客観視は難しいという側面もある。本書では左遷のメカニズムを、長期安定雇用、年次別一括管理、年功的な人事評価といった日本独自の雇用慣行から分析。組織で働く個人がどう対処すべきかも具体的に提言する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 菅原道真、失意の晩年―左遷とは何か
    第2章 定期異動日は大騒ぎ―人事異動と左遷
    第3章 転職か、じっと我慢か―欧米には左遷はない
    第4章 誰が年功序列を決めているのか―左遷を生み出すしくみ
    第5章 出世よりも自分なりのキャリア―消える左遷、残る左遷
    第6章 池上さん大活躍の理由―左遷は転機
    第7章 「道草休暇」が社員を救う―左遷を越えて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    楠木 新(クスノキ アラタ)
    1954年(昭和29年)、神戸市に生まれる。京都大学法学部卒業。大手生命保険会社に入社し、人事・労務関係を中心に、経営企画、支社長等を経験。勤務と並行して、大阪府立大学大学院でMBAを取得。関西大学商学部非常勤講師を務め、「働く意味」をテーマに取材・執筆・講演に取り組む。2015年、定年退職。現在、楠木ライフ&キャリア研究所代表

左遷論―組織の論理、個人の心理(中公新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:楠木 新(著)
発行年月日:2016/02/25
ISBN-10:4121023641
ISBN-13:9784121023643
判型:B6
対象:教養
発行形態:新書
内容:経営
ページ数:229ページ
縦:18cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 左遷論―組織の論理、個人の心理(中公新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!