残念な警察官―内部の視点で読み解く組織の失敗学(光文社新書) [新書]

販売休止中です

    • 残念な警察官―内部の視点で読み解く組織の失敗学(光文社新書) [新書]

    • ¥83651ポイント(6%還元)
100000009002535738

残念な警察官―内部の視点で読み解く組織の失敗学(光文社新書) [新書]

価格:¥836(税込)
ポイント:51ポイント(6%還元)(¥51相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:光文社
販売開始日: 2016/03/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

残念な警察官―内部の視点で読み解く組織の失敗学(光文社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    深刻な警察不祥事はなぜ起きるのか。一部の不適格者がいるだけ?それとも組織そのものに問題がある?元警察官僚の作家が読み解く、日本警察史に名を残した「四大不祥事」。単なる批判や擁護ではない分析から見えてくるものは何か?誰も語れなかった日本警察論。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 警察不祥事の読み方
    第1章 桶川事件―警察署が機能不全に陥るとき
    第2章 神奈川事件―本部長独裁の下で
    第3章 新潟事件―社会と市民からの遊離
    第4章 石橋事件―共感力と想像力の欠如
    終章 市民の視点、警察の視点
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    古野 まほろ(フルノ マホロ)
    東京大学法学部卒。リヨン第三大学法学部第三段階「Droit et Politique de la S´ecurit´e」専攻修士課程修了、仏内務省から免状「Dipl^ome de Commissaire」授与。なお学位授与機構より学士(文学)。警察庁1種警察官として交番、警察署、警察本部、海外、警察庁等で勤務の後、警察大学校主任教授にて退官。現場指揮官・官僚両面の捜査・実務経験のほか、その法学書は学会・法曹からも評価を受けている

残念な警察官―内部の視点で読み解く組織の失敗学(光文社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:光文社
著者名:古野 まほろ(著)
発行年月日:2016/03/20
ISBN-10:4334039103
ISBN-13:9784334039103
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:248ページ
縦:18cm
他の光文社の書籍を探す

    光文社 残念な警察官―内部の視点で読み解く組織の失敗学(光文社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!