非常時対応の社会科学―法学と経済学の共同の試み [単行本]
    • 非常時対応の社会科学―法学と経済学の共同の試み [単行本]

    • ¥4,290129ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年7月13日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002540983

非常時対応の社会科学―法学と経済学の共同の試み [単行本]

価格:¥4,290(税込)
ポイント:129ポイント(3%還元)(¥129相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年7月13日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2016/03/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

非常時対応の社会科学―法学と経済学の共同の試み [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    非常時の限界状況の中で徹底的に考え抜く人間と社会を求めて。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 自然災害からの復興―行政的な視点(災害対策と個人情報の利活用
    震災緩和と防災法制
    縮小都市の復興におけるモラトリアムのあり方
    防災集団移転事業などの復興政策の現状と課題
    被災時の水平型支援に関する評価)
    第2部 非常時における民間の行動規範―福島第一原子力発電所事故を事例として(行動規範としての非常時対応マニュアル―福島第一原子力発電所事故からの教訓
    汚染水問題への対応―技術選択、およびリスク対応に伴う合意形成を中心として)
    第3部 事前的なリスク対応―金融危機と財政危機(原子力発電所事故から学ぶ金融危機への対処方法
    財政の危機管理と政官ガバナンスの問題点)
    第4部 事後的な損失負担―原子力損害賠償をめぐって(原子力損害賠償の法と経済学
    「原子力損害の賠償に関する法律」の制度的背景―適切なアレジメントを妨げた要因の探求
    原子力発電所事故を起こした電力会社の会社更正手続試論
    原子力事業者の倒産における原発事故被害者の保護)
    第5部 危機対応と財政制約(首都直下地震と財政問題
    東日本大震災への対応に要した国民負担について
    財政危機と国債金利)
    非常時における裁量と規範に関する若干の考察―法学者、経済学者、実務家との対話を通じて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    齊藤 誠(サイトウ マコト)
    一橋大学大学院経済学研究科教授。1992年、マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了(Ph.D.)

    野田 博(ノダ ヒロシ)
    一橋大学大学院法学研究科教授。1986年、一橋大学法学研究科博士後期課程単位取得満期退学

非常時対応の社会科学―法学と経済学の共同の試み [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:齊藤 誠(編)/野田 博(編)
発行年月日:2016/03/10
ISBN-10:4641164711
ISBN-13:9784641164710
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:430ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 非常時対応の社会科学―法学と経済学の共同の試み [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!