十三番目の子 [単行本]
    • 十三番目の子 [単行本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002541281

十三番目の子 [単行本]

価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2016/04/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

十三番目の子 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一人の女が産んだ十三番目に生まれた子を、十三回目の誕生日に、いけにえにささげよ。それと引き替えに、その日から十三年の繁栄が約束される。したがわないならば、大嵐が来てイニスコール島の村を滅ぼすだろう…。それは、地底の暗黒の神ドンドとの契約。村に伝わる呪いのような言い伝えだ。ダーラが、まさしくその十三番目の子だった…。呪われた子として生まれたダーラは、村の人々はもちろん、実の母親とさえ一切のつながりを持たずに育てられ、家族の絆を知らないまま死んでいこうとしている。ところが、生け贄として海に沈められるまぎわになって初めて、ダーラはようやく肉親の無私の愛を知り、母は娘を、兄は妹を取り戻す―夢幻的で美しい世界が広がる!じわりじわりと身体にしみわたる家族の愛の物語。
  • 内容紹介

    母の愛、生と死を詩的に語る感動物語

    イニスコール島の村には、古くから、ある言い伝えがあった。一人の女が産んだ十三番目の子は、その十三回目の誕生日に、いけにえとして暗黒の神ドンドにささげなくてはならない。その子の命と引き替えに、村は十三年の繁栄が約束される、というのだ。
    明日は、十三番目の子として生まれた娘ダーラの、十三歳の誕生日。
    この世で過ごす最後の夜。ダーラの前に、クロウタドリに姿を変えた空の神ルグが現れ、母メブの家に連れていかれる。そこで知った衝撃の真実とは――。

    家族の苦しみと悲しみ、深い愛と絆を描く感動の物語は、淡々とした筆致で語られ、抑えた色調の美しい絵が、それに寄り添う。
    著者のシヴォーン・ダウドは、大学卒業後、国際ペンクラブに所属し、作家の言論や表現の自由を守る活動家として世界各地を飛び回りながら、自分でも本を書き始めたが、二〇〇七年、四十七歳の若さで他界。本書は、ダウドが生前に完成させていた作品のうちの、最後の未発表作品となる。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    作者のシヴォーン・ダウドは、カーネギー賞、ガーディアン賞、コスタ賞など、いろいろな児童文学の賞にノミネートされる実力派です。2007年に若くして病死し、本作品は遺稿となります。発売以来、その美しさとすばらしさで話題になり、ドイツで毎年発表される「ホワイト・レーベン」の児童書リスト(イギリスのベスト5)にも選ばれている一冊です。

    図書館選書
    一人の女が産んだ十三番目の子は、その十三回目の誕生日に、暗黒の神ドンドに捧げるために、いけにえとして海へ沈められる――そんな言い伝えのある村で、十三番目の子として生まれた娘ダーラを巡る愛と感動の物語。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ダウド,シヴォーン(ダウド,シヴォーン/Dowd,Siobhan)
    1960年、英国ロンドン生まれ。オックスフォード大学卒業後、国際ペンクラブで、アジアや中南米の作家の人権活動などに携わる。2006年“A Swift Pure Cry”で作家デビュー、翌年のブランフォード・ボウズ賞を受賞。2007年8月、がんのため47歳で逝去。生前書きためていた作品が、没後刊行され、高く評価されている。『ボグ・チャイルド』(ゴブリン書房)で2009年カーネギー賞、『怪物はささやく』(ダウド原案、パトリック・ネス著、あすなろ書房)で2012年カーネギー賞を受賞

    スマイ,パム(スマイ,パム/Smy,Pam)
    アングリア・ラスキン大学でイラストレーションを学び、2004年児童絵本コースを卒業。現在、母校で教えるかたわら、版画の展覧会をたびたび開催。ケンブリッジ在住

    池田 真紀子(イケダ マキコ)
    1966年、東京都生まれ。上智大学法学部卒業。企業勤務をへて1994年より翻訳家。英米のミステリーを中心に翻訳している

十三番目の子 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:シヴォーン ダウド(作)/パム スマイ(絵)/池田 真紀子(訳)
発行年月日:2016/04/25
ISBN-10:4092905602
ISBN-13:9784092905603
判型:B6
対象:児童
発行形態:単行本
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:109ページ
縦:20cm
横:14cm
その他: 原書名: The Ransom of Dond〈Dowd,Siobhan;Smy,Pam〉
他の小学館の書籍を探す

    小学館 十三番目の子 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!