矢倉名局集(将棋戦型別名局集〈3〉) [単行本]
    • 矢倉名局集(将棋戦型別名局集〈3〉) [単行本]

    • ¥3,02491ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年8月22日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002544598

矢倉名局集(将棋戦型別名局集〈3〉) [単行本]

価格:¥3,024(税込)
ポイント:91ポイント(3%還元)(¥91相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年8月22日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:マイナビ
販売開始日:2016/03/26
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 281275位

矢倉名局集(将棋戦型別名局集〈3〉) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    厳選された矢倉の名局100局を全局詳細な解説つきで収録。シリーズ第3弾!
  • 目次

    巻頭特集 高橋道雄が語る矢倉の魅力

    第1部 ▲3七銀戦法以前

    第1局 大山、悲願の名人位奪取
    大山康晴八段VS木村義雄名人 第11期名人戦七番勝負第5局

    第2局 大山、受けの妙手で兄弟子を下す
    大山康晴名人VS升田幸三八段 第12期名人戦七番勝負第2局

    第14局 劇的な幕切れで、中原、永世十段に
    中原誠前名人VS加藤一二三十段 第21期十段戦七番勝負第6局

    第28局 将棋史に残る端歩突き
    羽生善治五段VS森内俊之四段 第19期新人王戦決勝三番勝負第2局

    第36局 棋史に残る名手▲5七銀
    中原誠名人VS米長邦雄棋王 第37期名人戦七番勝負第4局



    第2部 ▲3七銀戦法

    第42局 自信の戦い、攻防の角で最後の天王に
    高橋道雄九段VS塚田泰明八段 第8回天王戦決勝

    第44局 加藤、十番勝負を制し、悲願の名人に
    加藤一二三十段VS中原誠名人 第40期名人戦七番勝負第8局千日手指し直し

    第51局 両者の主張がぶつかり合い新定跡が誕生!
    屋敷伸之九段VS渡辺明竜王 第71期A級順位戦

    第66局 羽生、3手一組の絶品の手順を棋史に残す
    羽生善治竜王・名人VS谷川浩司王将 第44期王将戦七番勝負第3局

    第75局 最終盤、再三の逸機の阿部、ビッグタイトル獲得ならず
    阿部隆七段VS羽生善治竜王 第15期竜王戦七番勝負第7局



    第3部 早囲い・急戦

    第80局 盤面全体の配置完了、谷川、鮮やかな即詰みへ
    谷川浩司九段VS田中寅彦八段 第33期王座戦挑戦者決定戦

    第84局 死闘140 手、棋史に残る大逆転で渡辺防衛!
    羽生善治名人VS渡辺明竜王 第21期竜王戦七番勝負第7局

    第88局 充実米長、秘策米長矢倉で自身初の四冠王へ
    中原誠十段VS米長邦雄三冠 第23期十段戦七番勝負第7局

    第92局 米長、準備は万全、塚田の十八番戦法を撃破
    米長邦雄九段VS塚田泰明八段 第51期A級順位戦

    第100局 棒銀に託すも、田中、A級陥落
    高橋道雄九段VS田中寅彦八段
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    高橋 道雄(タカハシ ミチオ)
    1960年4月23日生まれ東京都出身。1975年6級で故佐瀬勇次名誉九段門。1977年初段。1980年6月4日四段。1990年4月1日九段。1983年、第24期王位戦で初挑戦でタイトル獲得。五段のタイトル獲得は当時初。1986年、第2回天王戦で棋戦初優勝。1987年、第12期棋王戦でタイトル獲得。自初の二冠に。同年、第26期十段戦でタイトル獲得(最後の十段)。1992年、第50期名人戦挑戦。2000年、通算600勝(将棋栄誉賞)
  • 出版社からのコメント

    「将棋戦型別名局集」の第3弾、矢倉編。高橋道雄九段が厳選した100局を詳細な解説で紹介する、記念碑的一冊。
  • 内容紹介

    金銀3枚で守り、飛角銀桂香で攻める。将棋の基本戦法であり、歴代の大勝負の中心に常にあった矢倉戦法。

    本書は若き日の大山康晴から現在の羽生善治まで、古今の矢倉の名局100局を高橋道雄九段の詳細の解説でお送りするものです。


    第11期名人戦第5局▲大山―△木村
    「大山、悲願の名人位奪取」

    からスタートし、

    第37期名人戦第4局▲中原―△米長
    「棋史に残る名手▲5七銀」

    第40期名人戦第8局▲加藤―△中原
    「加藤、十番勝負を制し、悲願の名人に」

    第19期新人王戦決勝▲羽生―△森内
    「将棋史に残る端歩突き」

    などなど、名局が目白押しの一冊となっています。

    自分の目で矢倉戦法の変遷を見てきた著者・高橋九段はまえがきにこう書いています。

    「矢倉は私にとって、ライフワークの戦法と言っても過言ではない。100局を解説するのは、本当に大変な作業ではあったけれど、書きながら、非常に充実感を感じていたのもまた事実。
    『自分は、矢倉の歴史をこの世に記す本書を書くために棋士になったんだなぁ』自然にそうした思いも込み上げてくる」


    まさに全将棋ファン必携の記念碑的一冊。
    ぜひ手にとって将棋史に残る、矢倉の名局を堪能してください。
  • 著者について

    高橋 道雄 (タカハシミチオ)
    1960年4月23日生まれ 東京都出身 1975年 6級で故佐瀬勇次名誉九段門 1977年 初段 1980年6月4日 四段 1990年4月1日 九段 相矢倉を得意とする重厚・沈着な棋風の本格派居飛車党。 1983年、第24期王位戦で初挑戦でタイトル獲得。五段のタイトル獲得は当時初。1986年、第2回天王戦で棋戦初優勝。1987年、第12期棋王戦でタイトル獲得。自身初の二冠に。同年、第26期十段戦でタイトル獲得(最後の十段)。1992年、第50期名人戦挑戦。2000年、通算600勝(将棋栄誉賞)。2014年、通算800勝(将棋栄誉敢闘賞)。 タイトル戦登場は10回。獲得は十段1、王位3、棋王1の5期。棋戦優勝は3回。竜王戦は1組通算20期。順位戦はA級通算13期。将棋大賞は最優秀棋士賞1回など。 著書は「居飛車穴熊の教科書」「最新の8五飛戦法」(日本将棋連盟)など多数。

矢倉名局集(将棋戦型別名局集〈3〉) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:マイナビ出版
著者名:高橋 道雄(著)
発行年月日:2016/03/31
ISBN-10:4839958599
ISBN-13:9784839958596
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:諸芸・娯楽
言語:日本語
ページ数:430ページ
縦:21cm

    マイナビ 矢倉名局集(将棋戦型別名局集〈3〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!