ユーコン川を筏で下る [単行本]

販売休止中です

    • ユーコン川を筏で下る [単行本]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
100000009002546489

ユーコン川を筏で下る [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日: 2016/05/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

ユーコン川を筏で下る [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    75歳、イカダの大冒険!自由な生き方を求め世界中の旅人が集う川24日間・700kmの旅。『BE‐PAL』人気紀行連載に大幅加筆。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 レイク・ラバージュ(スプルースの丸太で筏を作った
    若者に冒険はバカげていると教えれば国は滅びる ほか)
    2 フータリンクワ(カナダの歴史はカヌーの歴史
    ジャック・ロンドンは腕利きの船乗りだった ほか)
    3 カーマックス(世界一の金脈を発見した男
    日本の若い娘を口説く方法 ほか)
    4 ドーソン(人間にとって最大の娯楽とは?
    マウンテンマンの流儀 ほか)
  • 内容紹介

    75歳、イカダの大冒険!

    《ぼくのカヌー人生の中で、ユーコン川は、すべてを放りだして娑婆と縁を切り、漂流し、自由を謳歌する最大最良の場所である》。
    1980年代に日清チキンラーメンのCMでカヌーブームを巻き起こした著者が川を旅することになった原点は、1975年『ナショナル・ジオグラフィック』誌に載ったユーコン川イカダ下りの記事だった。ユーコン川は、カナダ北西部からアメリカ・アラスカ州をへてベーリング海へ注ぐ総延長3700キロの大河。75歳を迎えた著者は、2013年8月、仲間とともにイカダを自作し、中流域700キロの川下りに挑戦する。
    イカダ上でゴールドラッシュ時代の作家ジャック・ロンドンの伝記を読み、焚き火のまわりでは世界各地の旅人たちと語り合う。初カヌーでユーコンを下る日本人美女。20代の姪の娘に語る昔日の逸話。先住民と仲良くなる方法。ユーコン離婚。シングル・マザーの処世術。若い娘の口説き方。8月のオーロラ…。 2000年前から変わらぬ風景と、120年前のゴールドラッシュの記憶。不思議な歴史感覚の中を散歩しながら、さまざまな人生をユーモラスに語る、野田紀行文学の代表作にして、若き日本人への励ましの書。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    「世界一の川、それは日本の川だ」。
    1938年生まれで、高度成長期以前の日本の自然を体験しており、南極以外の世界中のあらゆる川を旅してきた著者の言葉には含蓄があります。
    ほかにも胸に深く届く名言が続出する一冊です。


    図書館選書
    75歳の老旅作家が、自作のイカダでユーコン川700kmに挑戦。『ナショナル・ジオグラフィック』、ゴールド・ラッシュ、ジャック・ロンドン、一人旅美女…。交錯する人生をユーモラスに描いた旅エッセイの極北!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    野田 知佑(ノダ トモスケ)
    1938年生まれ。熊本県出身。日本を代表するカヌーイストにして、川からの目線で人と自然の関係を記録してきたノンフィクション作家。幼少時代に空襲を避けるため熊本県菊水町(現和水町)に疎開し菊池川で魚捕りに明け暮れる。八幡高校時代は水泳と映画に夢中になり、大学ではボート部に所属。卒業後、英字新聞の販売拡張員をしながら日本各地を放浪。1965年、横浜港発の船に乗りシベリア鉄道経由でヨーロッパへ。スウェーデンでカヌーに出会う。1982年に「日本の川を旅する」で日本ノンフィクション賞新人賞を受賞し作家デビュー

ユーコン川を筏で下る [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:野田 知佑(著)
発行年月日:2016/05/11
ISBN-10:4093665486
ISBN-13:9784093665483
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:191ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 ユーコン川を筏で下る [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!