台湾とは何か(ちくま新書) [新書]
    • 台湾とは何か(ちくま新書) [新書]

    • ¥92828ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月17日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002553281

台湾とは何か(ちくま新書) [新書]

価格:¥928(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月17日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日:2016/05/11
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 112360位

台湾とは何か(ちくま新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    台湾が激しく動いている。戦後日本は台湾に撤退した中華民国と国交を結んだが、後に中華人民共和国と国交正常化を行い、台湾は遠い存在になった。しかし、目覚ましい経済発展と見事な民主化、東日本大震災での日本への巨額の支援もあり、台湾は再び身近で重要な存在になりつつある。台湾は中国にとってのアキレス腱であり、日本にとってのジレンマだ。日中台の複雑なトライアングルの中、台湾は絶妙のバランス感覚で日中と巧みに渡り合う。二〇一六年総統選挙で劇的な政権交代を遂げた最新の姿を、政治、歴史、社会から解き明かし、冷戦期の固定観念から脱した新しい「台湾論」を提言する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 転換期の台湾
    第1章 「台湾人の総統」になれなかった馬英九
    第2章 台湾と日本
    第3章 台湾と中国
    第4章 台湾と南シナ海・尖閣諸島・沖縄
    第5章 台湾アイデンティティ
    第6章 例外と虚構の地「台湾」
    第7章 日中台から考える
    終章 日本は台湾とどう向き合うべきか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    野嶋 剛(ノジマ ツヨシ)
    1968年生まれ。朝日新聞入社後、シンガポール支局長、政治部、台北支局長、国際編集部次長、アエラ編集部などを経て、2016年4月からフリー
  • 出版社からのコメント

    国力において圧倒的な中国・日本との関係を深化させる台湾。日中台の複雑な三角関係を波乱の歴史、台湾の社会・政治状況から解き明かし、日本の進路を提言。

台湾とは何か(ちくま新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:野嶋 剛(著)
発行年月日:2016/05/10
ISBN-10:4480068910
ISBN-13:9784480068910
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:270ページ
縦:18cm

    筑摩書房 台湾とは何か(ちくま新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!