駅伝ランナー〈2〉(角川文庫) [文庫]
    • 駅伝ランナー〈2〉(角川文庫) [文庫]

    • ¥63820ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002553334

駅伝ランナー〈2〉(角川文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥638(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2016/04/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

駅伝ランナー〈2〉(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    初めての公式戦で、走哉はあるランナーの走りに目を奪われる。1か月後、その選手一心が走哉の中学に転校してくる。だが陸上部への誘いに「走るのはやめた」と取り付く島もない。「あんな才能があるのになぜ走らないんだ」自分の記録に悩み練習で走り過ぎた走哉は、貧血で倒れてしまう。一方「走哉はいいライバルになるよ」と陸から言われた一心は「なんであんなやつが?」と反発するが。書店員さんの熱い声援を受け続編登場!
  • 目次

    ・デビュー戦(走也)
    ・デビュー戦(一心)
    ・ライバル
  • 出版社からのコメント

    親子で読もう! 全国の名門中学国語問題に使用される本!
  • 内容紹介

    走哉にとって初めての公式戦は、散々な成績で終わったが、同じ大会で皆の注目を集めたランナーがいた。一か月後、同じ学年に転校してきたのが、そのランナーだと知り、早速陸や部長の田村は彼(一心)を陸上部に勧誘するが「走るのはやめた」と取り付く島もない。前の学校で、才能ゆえにコーチから特別扱いされ部の中で孤立していた一心は、幼馴染が貧困から犯した万引きの罪を被ったことで、学校中の誤解を受け、走る意欲を無くしていた。「なぜあんなに才能があるのに走らないんだ」事情を知らない走哉に、陸は一心とは通じるものがありいいライバルになる、というが意味が解らない。少しでも一心に近づきたいと、部活後自主トレを続けるが、走り過ぎて貧血を起こしてしまう。それを助け起こしたのは、一心だった。近所で偶然、走哉の自主トレを見かけて目を離せずにいたのだ。陸上の基礎力の話をして、走り過ぎてもダメなんだと話す一心。翌日、陸が一心を部活に誘うが田村たちと衝突してしまう。帰り道が一緒になった走哉に、一心は「おまえには他のスポーツの方が向いてる」というと、走哉は一心の目を強く見つめ、「走るのが好きだっていう気持ちは、誰にも負けない」と語るのだ。

    図書館選書
    走哉にとって散々な成績で終わった秋の市大会。そこで目を奪われランナーがいた。 40以上の全国中学校入試や学参問題に起用、平成28年度神奈川県優良図書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 いつ子(サトウ イツコ)
    青山学院大学文学部卒業。IT企業勤務後、創作活動開始。「フリマでゲット!」で第30回日産童話と絵本のグランプリで優秀賞受賞
  • 著者について

    佐藤 いつ子 (サトウ イツコ)
    青山学院大学文学部卒業。IT企業勤務後、創作活動開始。
    『フリマでゲット!』で第30回日産童話と絵本のグランプリで優秀賞受賞。
    本作がデビュー作。横浜市在住。


    佐藤 真紀子 (サトウ マキコ)
    バッテリーをはじめ、数々の児童書、文芸作品の装画を担当。

駅伝ランナー〈2〉(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:佐藤 いつ子(著)
発行年月日:2016/04/25
ISBN-10:4041036267
ISBN-13:9784041036266
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:228ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 駅伝ランナー〈2〉(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!