アフリカ音楽の正体 [単行本]
    • アフリカ音楽の正体 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002553370

アフリカ音楽の正体 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2016/05/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

アフリカ音楽の正体 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    はじめに

    理論編

    第一章 アフリカ・リズムの衝撃        

      一 シンコペーション論争

      二 アップビートかダウンビートか

      三 ポリリズムの「前景」と「背景」

      四 ジャンルを越えるヘミオラ

    第二章 アフリカ・リズムの奥義        

      一 演奏していないリズムが聞こえる

      二 大陸を横断するリズム型

      三 里帰りしたアフリカのリズム

      四 アフリカ音楽は変拍子か

      五 アフリカ・リズムのサウンドスケープ

    第三章 アフリカに「ハーモニー」が響く    

      一 アフリカ・ハーモニーへの偏見

      二 ハーモニー文化クラスター

      三 アフリカ・ハーモニー生成の秘密

      四 アフリカ人のハーモニー感覚の源泉

      五 耳を惑わすアフリカ・ハーモニー

    第四章 アフリカの旋律をたぐる        

      一 言葉は旋律を支配するか

      二 即興旋律の妙技 

      三 旋律構成の秘術

    第五章 太鼓は話すことができるか        

      一 トーキング・ドラムの伝説

      二 トーキング・ドラムの真実

      三 アフリカの声の記譜法

      四 オノマトペと声の記譜法

    第六章 子どもと遊びと音楽と          

      一 わらべうたは大人の歌のひな形 

      二 アフリカ版わらべうた

      三 社会教育としての遊び

      四 遊びと賭博

    実践編

    第七章 アフリカの太鼓で合奏しよう       

      一 机をたたいてポリリズム

      二 ルヴァレの太鼓合奏曲ムウォコロ

      三 ルヴァレの太鼓合奏曲チヤンダ

      四 チェワのニャウ結社の太鼓合奏

    あとがき

    楽譜出典

    付録音源一覧

    参考文献

    索引
  • 出版社からのコメント

    アフリカ音楽に興味を持つすべての人に贈る入門書。『教育音楽 中・高版』 連載に大幅加筆修正。音楽の授業教材としても最適。
  • 内容紹介

    坂本龍一氏推薦!「20世紀以降のジャズやロックを含む全てのポピュラー音楽は、アフリカ音楽の影響を受けている、あるいはそれ以上に基底にはアフリカ音楽があると言っても過言ではない。(中略)あの広大でたくさんの部族が暮らしているアフリカに、ある共通するリズムパターンがある不思議。西洋とは異なるハーモニー感覚がなぜ生じるのか、人類がもつ言葉と音楽の関係の根源に対する考えを促すような音楽と言葉との関係など、アフリカ音楽には尽きない魅力が満載である。ぜひこの本を手にとってその魅力に触れてほしい。」「理論編」では、アフリカ伝統音楽の構造を、リズム、ハーモニー、旋律、太鼓、子供の遊びなどを取り上げて解き明かす。「実践編」のアフリカの太鼓合奏実技は、音楽の授業教材としても最適。アフリカ音楽に興味を持つすべての人に贈る入門書。『教育音楽―中学・高校版』(1996~97)連載を大幅に加筆修正。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    塚田 健一(ツカダ ケンイチ)
    東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。ベルファスト・クイーンズ大学大学院社会人類学科博士課程修了。Ph.D。広島市立大学名誉教授。民族音楽学・文化人類学専攻。国際伝統音楽学会理事、国際アフリカ音楽舞踊センター理事、ユネスコ無形文化遺産審査委員(アフリカ担当)などを歴任。音楽学と人類学の境界領域で、これまでアフリカのほか、台湾山地、パプアニューギニア、沖縄などの音楽文化の研究に従事。主な著書に『アフリカ音楽学の挑戦―伝統と変容の音楽民族誌』(世界思想社、2014、田邊尚雄賞)など
  • 著者について

    塚田 健一 (ツカダ ケンイチ)
    東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。ベルファスト・クイーンズ大学大学院社会人類学科博士課程修了。Ph.D. 現在、広島市立大学名誉教授。著書:『アフリカの音の世界』(新書館)、『Kenichi Tsukada & Ryuichi Sakamoto Selections: Traditional music in Africa』(共著、エイベックス)、『アフリカ音楽学の挑戦』(世界思想社)、他。

アフリカ音楽の正体 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:塚田 健一(著)
発行年月日:2016/06/10
ISBN-10:4276135702
ISBN-13:9784276135703
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:262ページ ※245,17P
縦:19cm
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 アフリカ音楽の正体 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!