公正中立がメディアを殺す: 『放送レポート』別冊 [全集・双書]
    • 公正中立がメディアを殺す: 『放送レポート』別冊 [全集・双書]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月24日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002553772

公正中立がメディアを殺す: 『放送レポート』別冊 [全集・双書]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月24日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:大月書店
販売開始日:2016/04/22
ご確認事項:返品不可

公正中立がメディアを殺す: 『放送レポート』別冊 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    メディアの現場からジャーナリズムの存在を問いかける。
  • 目次

    Ⅰ 憲法が保障する表現の自由とメディアの公正中立報道
    1.安倍政権のメディア介入―求められる報道陣の覚悟(原 寿雄)
    2.表現の自由の危機―安倍政権の放送規制強化を糾弾する(松田 浩)
    3.報道における「公正」―追求理念としての確立へ(石川 旺)
    4.番組編成準則と放送の自由(西土 彰一郎)

    Ⅱ メディアの現場はどうなっている
    5.安倍政権―テレビ介入の系譜(砂川 浩慶)
    6.メディアの現場で何が起きているか(岩崎 貞明)
    7.政権の広報機関に墜した籾井会長体制とNHKの課題(小田桐 誠)
    8.NHKと安倍政権―会長と永田町、因縁のものがたり(永田 浩三)
    9.報道圧力に抗う―基地の島・沖縄から問う民主主義(松元 剛)
    10.安保法案国会審議―テレビ11ニュースはどう伝えたか(放送を語る会)

    年表(2012年~2016年)安倍政権とメディア
  • 出版社からのコメント

    現職総務大臣からの放送法による電波停止を示唆する発言が物議を巻き起こしている。現場から状況を解き、報道陣に覚悟を問う。
  • 内容紹介

    現職総務大臣からの放送法による電波停止を示唆する発言が物議を巻き起こしている。憲法21条の下、放送法は放送による表現の自由を目的としている。こうした状況をメディアの現場から解き、報道人に覚悟を問う。
  • 著者について

    メディア総合研究所・放送レポート編集委員会 (メディアソウゴウケンキュウジョホウソウレポートヘンシュウイインカイ)
    市民の立場にたったメディア、ジャーナリズムの研究とその普及、視聴者組織・メディア利用者組織の相互交流のためのセンター的役割を果たすことをめざし、隔月刊『放送レポート』を発行。

公正中立がメディアを殺す: 『放送レポート』別冊 の商品スペック

商品仕様
出版社名:大月書店
著者名:メディア総合研究所・放送レポート編集委員会(編)
発行年月日:2016/04/20
ISBN-10:4272790439
ISBN-13:9784272790432
判型:A5
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:221ページ ※203,18P
縦:21cm
その他:「放送レポート」別冊

    大月書店 公正中立がメディアを殺す: 『放送レポート』別冊 [全集・双書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!