月をめざしてしゅっぱつ!(おひさまのほん) [絵本]
    • 月をめざしてしゅっぱつ!(おひさまのほん) [絵本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年8月5日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002563756

月をめざしてしゅっぱつ!(おひさまのほん) [絵本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年8月5日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2016/06/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

月をめざしてしゅっぱつ!(おひさまのほん) [絵本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ぼくたち、月へいくことになったんだ。うちゅうふくをきたり、ロケットのなかでういたり、うちゅうしょくをたべたりしたよ。そしていよいよ月にとうちゃく!さあ、みんなもいっしょにいこうよ!
  • 内容紹介

    月の科学 はじめの一歩絵本です

    子どもに読ませたい科学絵本です。

    4人家族がロケットで月へ到着するまでを、わかりやすくお話にしています。
    「どうして?」の内容がわかる、家でできる実験の方法もついています!

    ロケットをつくる仕事をしているお父さん、宇宙の研究をしているお母さん、だいちくん、るなちゃんの4人家族。
    月への疑問から家族で月へ行くことになりました。
    月の満ち欠けはなぜ起きるか、宇宙服はどうして必要なのか、ロケットが飛ぶわけ、無重力だとどうなるのか、月に到着したら、となどのことをひとつひとつ子どもにもわかるように説明しています。

    読みながら、月へ行けるかな? 行ったら何しようかな? と子どもの夢が広がる、親子の話題も豊かになる1冊です。

    小学校低学年の夏休みの自由研究にもぴったり。実験や最後についている「月のはてな?」で月博士になっちゃおう。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    大人もわかっているようで知らないことがいっぱいある「月」。この本で改めて子どもと一緒に「へ~」っていいたくなります。

    子どもと一緒に隅から隅まで読むと、実は大人もかなりの知識をゲットできます。
    さあ、家で空気があることを証明したり、宇宙食を作ってみたりしませんか?

    図書館選書
    宇宙に詳しいパパとママ、それにだいちくんとルナちゃんの4人家族で月へ行くことに。宇宙服のこと、ロケットがどうして飛ぶか、無重力のことなどを勉強しながら,月に到着するまで。家でできる実験も載っています。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山本 省三(ヤマモト ショウゾウ)
    神奈川県生まれ。横浜国立大学卒業。絵本や童話、パネルシアターの執筆などで幅広く活躍している。「動物ふしぎ発見」シリーズで日本文芸家協会賞特別賞受賞

    本田 隆行(ホンダ タカユキ)
    大阪府生まれ。神戸大学大学院自然科学研究科地球惑星科学専攻修了(理学修士)。大学院では、探査機「はやぶさ」理学ミッションにも携わった。枚方市役所勤務を経て、日本科学未来館の科学コミュニケーターとして活動。科学番組などテレビ出演多数。現在はフリーの科学コミュニケーターとして活躍中

月をめざしてしゅっぱつ!(おひさまのほん) [絵本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:山本 省三(作)/本田 隆行(監修)
発行年月日:2016/06/14
ISBN-10:4097266535
ISBN-13:9784097266532
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:1冊
縦:27cm
横:22cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 月をめざしてしゅっぱつ!(おひさまのほん) [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!