戦争犯罪国はアメリカだった!―英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄 [単行本]
    • 戦争犯罪国はアメリカだった!―英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002563987

戦争犯罪国はアメリカだった!―英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄 [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ハート出版
販売開始日: 2016/04/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

戦争犯罪国はアメリカだった!―英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「真のA級戦犯」は東條英機らでなく、対日戦争を仕掛けたルーズベルト、チャーチル、スターリンである。GHQの呪縛から目覚めよ!ヘンリー・S・ストークス来日50年の集大成。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    東京裁判こそ戦争犯罪だった
    極東国際軍事裁判研究プロジェクト
    三島由紀夫の『市ヶ谷事件』
    アメリカによる洗脳
    イエズス会の独善的な日本布教
    白人キリスト教徒による世界侵略と有色人大虐殺
    「レイプ・オブ・江戸」と明治維新
    白人支配の世界で独立主権を貫いた日本
    民族平等の世界を目指した大東亜共栄圏
    連合国によって「創られた」裁判
    東京裁判七十年の虚妄を打ち破れ!
    大東亜戦争の真実
    三島由紀夫はなぜ「市ヶ谷」で自決したのか!?
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ストークス,ヘンリー・スコット(ストークス,ヘンリースコット/Stokes,Henry Scott)
    ジャーナリスト。1938年英国生まれ。1961年オックスフォード大学修士課程修了後、フィナンシャル・タイムズ入社。1964年来日、同年『フィナンシャル・タイムズ』東京支局長、1967年『ザ・タイムズ』東京支局長、1978年『ニューヨーク・タイムズ』東京支局長を歴任。三島由紀夫と最も親しかった外国人ジャーナリストとして知られる

    藤田 裕行(フジタ ヒロユキ)
    ジャーナリスト。1961年東京生まれ。日本外国特派員協会プロフェッショナル・アソシエイト。上智大学外国語学部比較文化学科中退。TV・ラジオなどで、海外情報の取材通訳、字幕翻訳、放送作家を担当。夕刊フジでも取材・構成で署名記事を書いている

戦争犯罪国はアメリカだった!―英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ハート出版
著者名:ヘンリー・スコット ストークス(著)/藤田 裕行(訳)
発行年月日:2016/04/29
ISBN-10:4802400160
ISBN-13:9784802400169
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:271ページ
縦:19cm
他のハート出版の書籍を探す

    ハート出版 戦争犯罪国はアメリカだった!―英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!