フィールドワーク事始め―出会い、発見し、考える経験への誘い(神奈川大学入門テキストシリーズ) [単行本]
    • フィールドワーク事始め―出会い、発見し、考える経験への誘い(神奈川大学入門テキストシリーズ) [単行本]

    • ¥99030ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月21日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002568672

フィールドワーク事始め―出会い、発見し、考える経験への誘い(神奈川大学入門テキストシリーズ) [単行本]

価格:¥990(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月21日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:御茶の水書房
販売開始日:2016/03/30
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 592257位

フィールドワーク事始め―出会い、発見し、考える経験への誘い(神奈川大学入門テキストシリーズ) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 解題篇(今なぜフィールドワークなのか
    フィールドワークとは何か
    フィールドワークと記述主義
    様々なフィールドワークの形
    「新しい公共」とフィールドワークの効用)
    第2部 実践篇(「量的研究」と「質的研究」
    自文化の学である民俗学に学ぶ
    地図を捨てて歩き、迷う
    歩いてするミニ・フィールドワークの勧め)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小馬 徹(コンマ トオル)
    1948年、富山県高岡市に生まれる。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会人類学)。大分大学助教授、神奈川大学外国語学部教授を経て、現在同人間科学部教授。文化人類学・社会人類学専攻。1979年以来、ケニアでキプシギス人を中心にカレンジン語系の人々の間で長期参与観察調査を37度実施、現在も継続中。『川の記憶』(田主丸町誌第1巻)(共著、第51回毎日出版文化賞受賞、第56回西日本文化賞受賞、1996年)、『日向写真帖 家族の数だけ歴史がある』(日向市史別編)(共著、第13回宮崎日々新聞出版文化賞受賞、2002年)など

フィールドワーク事始め―出会い、発見し、考える経験への誘い(神奈川大学入門テキストシリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:御茶の水書房
著者名:小馬 徹(著)
発行年月日:2016/03/30
ISBN-10:4275020367
ISBN-13:9784275020369
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:民族・風習
ページ数:58ページ
縦:21cm

    御茶の水書房 フィールドワーク事始め―出会い、発見し、考える経験への誘い(神奈川大学入門テキストシリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!