アート・ワールド [単行本]
    • アート・ワールド [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月6日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002568741

アート・ワールド [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月6日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:慶応義塾大学出版会
販売開始日: 2016/04/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

アート・ワールド [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    アート作品は、才能あるアーティストだけではなく、アーティストや作品を取り巻く人々で成り立つ「アート・ワールド」によってうみだされる。本書では、この「アート・ワールド」の仕組みをあきらかにすることで、あらゆるアートやクラフト関係者が抱くであろう基本的な疑問に、民主主義的な回答を与え、アマチュア作品やマイナー作品をも包摂しうる「アート・ワールド」の理論を示した。誰もがアーティストになりうる現代において、「創造のプロセス」をあざやかに解きあかし、全包括的な「アート・ワールド」の理論を提示するアメリカを代表する社会学者、の傑作。
  • 目次

     『アート・ワールド』の日本の読者への言葉
     25周年記念版へのまえがき
     初版へのまえがき
     謝 辞
     図版一覧

    1 アート・ワールドと集合的行為
    2 規 則
    3 資源を動員する
    4 アート作品を分配する
    5 美学、美学者および批評家
    6 アートと国家
    7 編集する
    8 統合された職業人、一匹狼、フォーク・アーティスト、そしてナイーブ・アーティスト
    9 アートとクラフト
    10 アート・ワールドの変化
    11 評 判
    12 25周年記念版へのエピローグ

     訳者解説
     文献一覧
     索 引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ベッカー,ハワード・S.(ベッカー,ハワードS./Becker,Howard Saul)
    1928年イリノイ州シカゴ生。社会学者。ノースウェスタン大学、ワシントン大学、カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授。戦後シカゴ学派の一人でラベリング理論を提唱。ジャズピアニストでもある

    後藤 将之(ゴトウ マサユキ)
    1957年神奈川県生。東京大学教養学科(相関社会科学)、同大学院社会学研究科(社会学修士)、カリフォルニア大学サンタバーバラ校社会学大学院(Ph.D.in Sociology)。東大新聞研究所助手、文部省放送教育開発センター助教授、現在成城大学教授
  • 出版社からのコメント

    本書は、「アート・ワールド」の仕組みをあきらかにし、アートやクラフト関係者が抱く基本的な疑問に、民主主義的な回答を与える。
  • 内容紹介

    アートはいつ、どのように、誰によって「アート」になるのか?

    ▼誰もがアーティストになりうる時代の「創造のプロセス」を鮮やかに解明し、全包括的な「アート・ワールド」の理論を提示する、アメリカを代表する社会学者ベッカーの傑作。
    ▼アート作品は、才能あるアーティストだけではなく、アーティストや作品を取り巻く人々で成り立つ「アート・ワールド」によってうみだされる。本書では、この「アート・ワールド」の仕組みをあきらかにすることで、「何がアートを成立させるのか」「何がアートとクラフトを区別するのか」「アート・ワールドでの自分の役割はどんな意味を持つのか」「なぜ自分の作品は望ましい評価を得ていないのか」「どうすれば自分の作品をふさわしい受け手に見てもらえるのか」など、あらゆるアートやクラフト関係者が抱くであろう基本的な疑問に、民主主義的な回答を与えている。
    ▼アマチュア作品やマイナー作品をも包摂しうる、アート・ワールドの理論を示した快著。
  • 著者について

    ハワード・S・ベッカー (エイチオーダブリューエーアールディー エスエーユーエル ビーイーシーケーイーアール)
    ハワード・S・ベッカー
    1928年イリノイ州シカゴ生。社会学者。ノースウェスタン大学、ワシントン大学、カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授。戦後シカゴ学派の一人でラベリング理論を提唱。ジャズピアニストでもある。著書は他に『完訳アウトサイダーズ ラベリング理論再考』(現代人文社、2011)、『社会学の技法』(恒星社厚生閣、2012)、『ベッカー先生の論文教室』(慶應義塾大学出版会、2012)など多数。

    後藤 将之 (ゴトウ マサユキ)
    後藤 将之
    1957年神奈川県生。東京大学教養学科(相関社会科学)、同大学院社会学研究科(社会学修士)、カリフォルニア大学サンタバーバラ校社会学大学院(Ph.D. in Sociology)。東大新聞研究所助手、文部省放送教育開発センター助教授、現在成城大学教授。著書『ジョージ・ハーバート・ミード』(1988)、訳書シブタニ『流言と社会』(共訳1985)、ブルーマー『シンボリック相互作用論』(1991)など。

アート・ワールド [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:慶應義塾大学出版会
著者名:ハワード・S. ベッカー(著)/後藤 将之(訳)
発行年月日:2016/04/30
ISBN-10:4766423240
ISBN-13:9784766423242
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:451ページ ※431,20P
縦:21cm
その他: 原書名: Art Worlds〈Becker,Howard Saul〉
他の慶応義塾大学出版会の書籍を探す

    慶応義塾大学出版会 アート・ワールド [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!