記憶の政治―ヨーロッパの歴史認識紛争 [単行本]
    • 記憶の政治―ヨーロッパの歴史認識紛争 [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002569605

記憶の政治―ヨーロッパの歴史認識紛争 [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2016/04/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

記憶の政治―ヨーロッパの歴史認識紛争 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    歴史認識問題に揺れる東アジアとは違い、ヨーロッパでは歴史・記憶の共有と和解が進んでいるように考えられている。しかし、ヨーロッパを中東欧やロシアまでを含む全体として捉えると、そこには「記憶の戦争」と呼ばれるほどの激しさを伴う歴史観の亀裂と分断が見られる。EUとロシアの境界に位置し、複雑な記憶が幾重にも交錯するバルト諸国の状況を通して、ヨーロッパにおける歴史認識の抗争を見る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 「ブロンズの夜」―二〇〇七年四月エストニア・タリン
    第1章 歴史に埋め込まれた紛争―バルト諸国史をめぐる対立の構図
    第2章 排除か、統合か、同化か―ロシア語話者住民問題
    第3章 「記憶の戦争」―歴史と記憶をめぐる政治と紛争
    第4章 ヴァシリー・コーノノフ―反ファシズム英雄から戦争犯罪者への転落と反転
    エピローグ 接続される歴史・記憶政治―モスクワ・北京・東京
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    橋本 伸也(ハシモト ノブヤ)
    1959年京都市生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程学修認定退学。博士(教育学)。現在、関西学院大学文学部教授。専攻は西洋史、ロシア史、バルト地域研究、比較教育社会史

記憶の政治―ヨーロッパの歴史認識紛争 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:橋本 伸也(著)
発行年月日:2016/04/26
ISBN-10:4000611240
ISBN-13:9784000611244
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国歴史
ページ数:234ページ ※201,33P
縦:20cm
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 記憶の政治―ヨーロッパの歴史認識紛争 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!