マリア 新装版 (CenturyBooks―人と思想〈142〉) [全集叢書]
    • マリア 新装版 (CenturyBooks―人と思想〈142〉) [全集叢書]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月17日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002573900

マリア 新装版 (CenturyBooks―人と思想〈142〉) [全集叢書]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月17日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:清水書院
販売開始日:2016/05/31
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 494097位

マリア 新装版 (CenturyBooks―人と思想〈142〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人類の歴史の中で、イエスの母マリアほど、あらゆる時代、あらゆる民族の中で愛された女性はいない。マリアの子どもイエス=キリストへの愛が、人々を母マリアにも愛着させるのである。だがマリアの場合、親子関係が同時に救い主なる神と救われるべき人間の一人という、救いの恵みの関係にある。したがってイエスの母マリアには、イエスの母としての敬愛以上に救いの恵みに満たされた者に対する敬愛があり、イエスの救いの尊さに目覚める人が増えるにつれて、イエスの母マリアに対する崇敬が高まっていくのである。カトリック教会の中においてマリア崇敬・マリア信心が、歴史を通して広まり、豊かになっていったのは、イエスとその救いの業に対する神学的理解が深まったことと深い関係がある。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 聖書とマリア
    第2章 教会とマリア
    第3章 現代人のマリア
    第4章 歴史と終末から見たマリア
    第5章 マリア崇敬の主なテーマ
    第6章 マリア崇敬の現状
    第7章 二一世紀のマリア研究
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉山 登(ヨシヤマ ノボル)
    1927(昭和2)年、東京に生まれる。上智大学哲学科卒業。カナダ・ケベック、レデンプトール修道会神学校にて神学課程卒業とともにカトリック司祭叙階。ローマ、ラテラノ大学大学院(アカデミヤ・アルフォンシャナ)にて倫理神学研究。元上智大学教授

マリア 新装版 (CenturyBooks―人と思想〈142〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:清水書院
著者名:吉山 登(著)
発行年月日:2016/05/25
ISBN-10:4389421425
ISBN-13:9784389421427
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:哲学
ページ数:193ページ
縦:19cm
横:12cm

    清水書院 マリア 新装版 (CenturyBooks―人と思想〈142〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!