銀座のカラス〈下〉 復刊 (小学館文庫) [文庫]
    • 銀座のカラス〈下〉 復刊 (小学館文庫) [文庫]

    • ¥82525ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002576560

銀座のカラス〈下〉 復刊 (小学館文庫) [文庫]

価格:¥825(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2016/06/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

銀座のカラス〈下〉 復刊 (小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    前任者の突然の退社により、右も左も分からないまま、デパート業界誌の編集長となってしまった松尾勇は、酒場でケンカをして留置場に入れられたり、先輩社員たちとの麻雀で大負けしたりと、慌ただしい毎日を過ごしていた。そんな松尾の心の支えとなっていたのは、親友の町田を通じて知り合った海老名千鶴の存在だった。徐々に仕事のコツを掴み、念願の部下もできた松尾は、さらなる野望に向けて新たな一歩を踏み出した!『哀愁の町に霧が降るのだ』『新橋烏森口青春篇』に続く自伝的青春小説の傑作。
  • 内容紹介

    伝説の「青春三部作」三作目が待望の復刊!

    青春は不滅だ!!
    名著復刊! 伝説の「青春三部作」が現代に甦る。

    前任者の突然の退社により、右も左も分からないまま、デパート業界誌の編集長となってしまった松尾勇は、酒場でケンカをして留置場に入れられたり、先輩社員たちとの麻雀で大負けしたりと、慌ただしい毎日を過ごしていた。そんな松尾の心の支えとなっていたのは、親友の町田を通じて知り合った海老名千鶴の存在だった。
    徐々に仕事のコツをつかみ、念願の部下もできた松尾は、さらなる野望に向けて新たな一歩を踏み出した!

    『哀愁の町に霧が降るのだ』『新橋烏森口青春篇』に続く自伝的青春小説の傑作が復刊。巻末には作家・宮田珠己さんによる特別寄稿エッセイも収録。

    図書館選書
    右も左も分からないまま、デパート業界誌の編集長となり怒濤の日々を過ごす松尾勇は、さらなる野望に向けて新たな一歩を踏み出した! 『哀愁の町に霧が降るのだ』『新橋烏森口青春篇』に続く自伝的青春小説の傑作。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    椎名 誠(シイナ マコト)
    1944年、東京生まれ。作家。写真家、映画監督としても活躍。89年に『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、90年に『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。2013年より雑誌「とつげき!シーナワールド!!」の企画・プロデュースもしている

銀座のカラス〈下〉 復刊 (小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:椎名 誠(著)
発行年月日:2016/06/12
ISBN-10:4094063072
ISBN-13:9784094063073
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:485ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 銀座のカラス〈下〉 復刊 (小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!