日本的ナルシシズムの罪(新潮新書) [新書]
    • 日本的ナルシシズムの罪(新潮新書) [新書]

    • ¥77024ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月12日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002580319

日本的ナルシシズムの罪(新潮新書) [新書]

価格:¥770(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月12日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2016/06/17
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 32339位

日本的ナルシシズムの罪(新潮新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    個人より集団、論理より情緒、現実より想像―日本人には今も昔も固有のナルシシズムが息づいている。自分のことより他人の評価、集団との一体感こそが大切で、しばしばそれは法や論理を跳び越えてしまうのだ。うつ病の急増、ブラック企業や原発事故など、昨今の社会問題すべてに通底する、いわば民族的宿痾としての「日本的ナルシシズム」の構造を明らかにする。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「頼られたい」という病
    第2章 ナルシシズムの病はどこから来るか
    第3章 集団とのかかわり方とナルシシズム
    第4章 日本人の伝統的心性からの考察
    第5章 「うつ」と日本的「うつ」のあいだ
    第6章 現代的ナルシシズムのかたち
    第7章 原発をめぐる曖昧なナルシシズム
    第8章 成熟したナルシシズムに向けて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    堀 有伸(ホリ アリノブ)
    1972(昭和47)年東京都生まれ。精神科医。東京大学医学部卒。大学病院勤務を経て、2012年から福島県南相馬市で精神医療に携わる。現在、ほりメンタルクリニック院長。うつ病や自殺などについて精神分析学や社会病理から考察する論文を発表
  • 出版社からのコメント

    「頼られたい」という病、「一体感」という幻想―個人から家庭・組織・社会・国家まで、「日本」を精神分析!
  • 内容紹介

    「頼られたい」という病、消えない「甘えの構造」、私たちの民族的宿痾とは? 個人より集団、論理より情緒、現実より想像……うつ病の急増、ブラック企業や原発事故など、あらゆる社会問題に通底する日本人特有のナルシシズムの構造とは。

日本的ナルシシズムの罪(新潮新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:堀 有伸(著)
発行年月日:2016/06/20
ISBN-10:410610671X
ISBN-13:9784106106712
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:191ページ
縦:18cm

    新潮社 日本的ナルシシズムの罪(新潮新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!