「決め方」の経済学 「みんなの意見のまとめ方」を科学する [単行本]
    • 「決め方」の経済学 「みんなの意見のまとめ方」を科学する [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月6日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002586299

「決め方」の経済学 「みんなの意見のまとめ方」を科学する [単行本]

  • 3.5
価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月6日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2016/07/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「決め方」の経済学 「みんなの意見のまとめ方」を科学する の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    選挙、投票、会議、マンション自治会、PTA…経済学が暴く多数決の致命的な欠陥。決選投票付き多数決、ボルダルール、コンドルセルール、是認投票…経済学的に正しい決め方を探る!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 決め方を変えると結果が変わる(民意は選挙結果からはわからない
    「民主的な」決め方を考える―ボルダルール
    一騎打ちで選択肢を競わせる―総当たり戦
    決め方が変わると歴史が変わる)
    第2部 三択以上の投票で優れている決め方は何か(決め方を精査する―ペア勝者とペア敗者
    ベストな配点を考える―スコアリングルール
    「絶対評価」で決めるとどうなるか―是認投票)
    第3部 二択投票で多数決を正しく使いこなす(多数決で正しい判断ができる確率―陪審定理
    多数決と暴力は何が違うのか
    国会は多数決を正しく使えているのか?
    法廷の「決め方」を分析する)
    第4部 多数の意見を尊重すべきでないとき(費用分担をフェアに決める
    「決闘への満場一致」は尊重すべきか
    個人の自由と満場一致はときに対立する)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    坂井 豊貴(サカイ トヨタカ)
    1975年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。ロチェスター大学Ph.D.(Economics)。横浜市立大学、横浜国立大学、慶應義塾大学の准教授を経て、2014年より現職。人々の意思をよりよく反映させる選挙方式、物を高く売るオークション方式、人と組織を上手く結ぶマッチング方式といった制度設計の研究で、多くの国際業績をあげる。著書には『多数決を疑う』(岩波新書、新書大賞2016 4位)などがある。2015年義塾賞

「決め方」の経済学 「みんなの意見のまとめ方」を科学する の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:坂井 豊貴(著)
発行年月日:2016/06/30
ISBN-10:4478064873
ISBN-13:9784478064870
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:222ページ
縦:19cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 「決め方」の経済学 「みんなの意見のまとめ方」を科学する [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!